2017年07月04日(火) 更新

Uターン就職とは?その意味と目指す際の方法

Uターン就職とは都会から田舎に戻っての就職という意味

Uターン就職とは都会から田舎に戻っての就職を意味します。Uターン就職は新卒のタイミングで行われるケースもあれば、社会人になってからの転職で行われるケースもあります。理由としては実家の親が帰ってきて欲しい、という願いを持つ場合や、あらかじめそういう約束で都会に出てきたというケースもあります。また介護で戻る人も少なくありません。

Uターン就職を目指す理由は人それぞれ

そのような意味のあるUターン就職ですが、Uターン就職を目指す人には、様々な理由があります。立身出世をするために都会にでたものの、夢破れて田舎に戻ってきた、というイメージを持つ人がいるかもしれませんが、それはあくまでもイメージです。Uターン就職には人の数だけその理由があります。都会よりも地元の素晴らしさを再発見して戻るというポジティブな動機の人も沢山います。

Uターン就職の方法として公務員を目指すのがおすすめ

Uターン就職をする際の方法としては、公務員への就職を目指すのがよいでしょう。というのもUターン就職の対象となるエリアは田舎であることが多く、一部上場企業がある環境は少なく、大半は中小零細企業です。そうなると給与や待遇もそれほどの好条件を望むのは難しく、先行きの安定性も危ぶまれますが、その点公務員は安定し、給与水準も良いため地方ではおすすめの仕事なのです。

公務員への就職という方法は年齢制限が緩いのがメリット

Uターン就職をする方法として公務員がおすすめですが、その理由は給与や福利厚生だけではありません。採用に際して年齢制限が緩いというのもメリットです。民間企業では転職に際して年齢を重ねるほど不利となる傾向がありますが、公務員であれば年齢制限以下であれば、採用試験に合格すれば採用となります。そのため転職の際には特におすすめの方法です。

Uターン就職の方法として人脈も重要になる

Uターン就職の特徴として、地域の閉鎖性を考慮する必要があります。田舎では地縁、血縁が採用に際してものをいうケースもあり、人脈なしで飛び込んでも、有力な筋から依頼がある人には不利になってしまうという意味です。そのため自分が使える人脈があれば最大限利用するのが意味のある方法といえます。親や親戚、同級生などの関係で口をきいてもらえるところがないか積極的に聞いているのも、意味のある方法です。

人脈がなければ転職エージェントを利用する方法もある

地元で民間企業にUターン就職をする方法として、人脈の利用はおすすめですが、そんな人脈はない!という人の方法として、転職エージェントの利用があります。Uターン就職を目指すときの方法としては、地方に強いエージェントに登録するのが成功の秘訣として意味があります。

Uターン就職は田舎に戻っての就職という意味!公務員を目指す方法がおすすめ

Uターン就職の意味と方法をご紹介しました。Uターン就職の言葉の意味は都会から地元に戻って就職をすることです。Uターン就職は新卒で就職するときと、社会人が転職をするときの二つに分かれますが、両者ともにおすすめの第一位は公務員です。給与、福利厚生、安定性共に優れ、さらに転職組は年齢制限も緩く、採用のデメリットにはなりません。民間企業を受けるときは人脈があれば頼るのも意味のある方法です。

関連コラム