2018年01月30日(火) 更新

英語の必要性は本当にある?気になるグローバル社会の現状

仕事で英語を使う機会は増えている!

皆さんはどういったところで英語の必要性を感じますか?オフィスなどでは英語で書かれた文書、メール、ファックスの読解をしたり、英文でのメール交換の機会があったりする人もいるでしょう。実はもっと英語が浸透している仕事もあります。

海外と取引する仕事では英語は欠かせないものに

海外と取引する仕事では、英語でのビジネス交渉などハイレベルな英語力が必要とされます。新規エリアの進出検討で、分析レポートを作成するために英語でリサーチをしたり、英文契約書のレビューも行ったりする仕事もあるようです。

グローバル社会が浸透した仕事では、メールや電話は全て海外の取引先ということもあり得ます。打ち合わせでも、全て英語を使って交渉するようです。

グローバル企業ではミーティングも全て英語

また、グローバル企業では、ミーティングは全て英語で行われるようです。そうなると資料も議事録も英語で書く必要があります。さらに自社製品の品質管理などでは、海外からの問い合わせに対応するため、難解な英文を読んだり、書いたりができなくては話になりません。

このように見ていくと、グローバル社会となっていくこれからは、さらに英語を使う機会が多くなります。英語の必要性が分かってきたと思います。

英語の必要性は本当にあるの?

上記では英語が仕事でも浸透しつつあり、英語の必要性が高まっていると説明しました。しかし皆さんの中には、自分は英語の必要性に直面したことがなく、グローバル社会になりつつある実感が持てないという人もいるのではないでしょうか。次は実際の話に移ります。

日常生活では英語の必要性はあまりない

グローバル社会といっても、日本はアメリカ大陸やヨーロッパ大陸のような大陸ではなく島国です。そのため、なかなか日常的に英語を使うという環境にはなりにくいようです。今すぐ英語を習得しなくても、日常生活で困るということは考えにくいでしょう。

ただし、ビジネスの世界では英語が使えて当然のレベル

しかし、一方でビジネスの中では海外の顧客対応などもありますから英語は流暢に使えて当然というレベルでないと、使い物にならない状態になってきているのが実情です。

今は使わなくても将来的には海外出張に行かなくてはならないことも多くなるかもしれません。仕事で活躍したいと考えているなら、英語は今からでも自主的に学習すべきでしょう。

英語は将来のチャンスや自分の可能性を広げる

グローバル社会になりつつある日本で、ビジネスでは英語が使えて当然レベルとなってきている実情をお教えしました。とはいえ、なかなか日々の仕事に追われて、英語を勉強する気が起きない人もいるのでは。ここでは、英語を身に付けるメリットを見ていきましょう。

グローバル社会で、英語をマスターする最大のメリットは、将来のチャンスや考える視野を広げることです。本当に自分の将来を考えるのであれば、英語の必要性を今一度考え直してみて下さい。自分の可能性が広がりますよ。

デキ過ぎて損をすることはない!英語は身に付けた方が得

グローバル社会となった今は、英語がいくらできても、出来過ぎるということはありません。損をすることはまずないので身に付けた方が得です。また、グローバル社会になったことにより、職業選択の幅も英語によって変わってきます。どんな仕事でも、英語は重要性があるものなのです。

グローバル社会は浸透してきている!ビジネスでは英語は使えて当然レベル

いかがでしたか?今回はグローバル社会になりつつある日本で、本当に英語の必要性があるか見ていきました。英語は出来過ぎても損をすることはありません。企業選びでも選択の幅を広げてくれますし、自分の可能性を広げます。

働く中で、英語の重要性を感じない人もいるかもしれませんが、今後ビジネスで英語は使えて当然レベルになることは間違いありません。英語は習得して損はないので、英語の大切さが実感できなくても自分の将来を考えて是非行動に移しましょう。

関連コラム