2016年12月07日(水) 更新

チームワークの良い会社は仕事の業績がアップします。その秘密は社内でのコミュニケーションです。

社内のコミュニケーションの良さが、チームワークの強さになり仕事力を上げる。

会社は、多くの人間がそこに集まって仕事を共有しています。

組織は個人の集合体であり、個々の力が集結して会社の仕事力となります。

会社での業績の善し悪しは、社内の人間同士のコミュニケーションを基本とした、

役割分担や適切な人材配置、上司のリーダーシップや社員一丸となったチームワークなどの要素が関わってきます。

会社という組織を作っているのは、そこで働く人間です。

人は常に一定の能力を発揮できる訳ではありません。

人間関係が上手くコミュニケーションがとれて一致団結してチームワークを良くして、目標に向かって行かなければ、

社員は最高の能力を発揮できないものです。

会社の企画やプレゼン、マーケティング戦略が成功するには、このチームワーク力が必要になってきます。

会社の仕事の成功にはコミュニケーションが必要となります。

チームワークを良くするためには、円滑なコミュニケーションが社内では必要です。

それには、社員同士の信頼があってこそチームワークが取れます。

信頼を積み重ねて行くには、何度も的確なコミュニケーションを重ねる努力が必要になってきます。

社内の社員同士や上司と部下の関係、部署や部門間、経営陣の取締役や社員などの連携が必要です。

その他、顧客と社員や会社と地域社会など様々なものに対して、しっかりとしたコミュニケーションが取れているかを常に検討します。

そして、何かが不足すれば、すぐに補填するようにすることや、コミュニケーションが円滑に取れる術を導入したりして連携力を強化します。

楽しめる事として社内では、飲み会や社員旅行などのイベントを組み、

親睦を深めコミュニケーションを高めるようにすると良いでしょう。

チームワークを良くするためのリーダーの役割。

リーダー自信が自律的でなければ、コミュニケーションは取れません。

自律的に仕事をするとは、自分の方刊わ活かして働くということです。

自分がこだわりたい価値観を大切にして、自分ならではの行動を通じて自分らしい仕事をするということです。

自分以外のものに依存するのではなく、しっかりとした軸を持つということです。

何にこだわるかという価値観を明確にし、それを組織のコミュニケーションの中に浸透させることが大切になります。

明代解決や論理思考も必要ですが、それに編重したコミュニケーションではメンバーの自律性が活かさせません。

まず結論をだす、その結論に至った因果関係を述べる、その因果関係を裏付ける事実を述べるといった問題解決のコミュニケーションには、

個人の価値観が入り込む余地はありません。

そのようなコミュニケーションばかりで固まった組織では自分の内面に目がいかないのです。

組織の中にそのようなコミュニケーションを作り出すことは、リーダーに求められる重要な仕事だと思います。

いかがでしたでしょうか?

会社の仕事力を上げる社員のコミュニケーションを大切にして、良い会社作りをなさっていって下さい。

関連コラム