事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2018年02月27日(火) 更新

30歳からの転職で高い年収を得るために考えるべきこと

30歳からの転職活動のために20代のうちに働く理由を考える

少し前までの世代では、30歳くらいまでにはキチンとした会社に入り、キチンとした仕事に就き、安定した年収を得て、パートナーを見つけて結婚するのが当たり前の時代になっていました。

お父さんお母さん世代を見ると、このような生き方を当たり前に送っていたのではないかと思います。汗水たらして家族のために働く…これが仕事の一番の目的だったと思います。

価値観の多様化により働き方が変化

けれども、今の社会では「大手企業に勤め年収を得ること」が必ずしも成功、ゴールでは無いといった見方も増えてきています。結婚しなくても一人でイイと感じる独身世代も、増えてきています。

つまり働くという価値観が、昔より沢山増えてきたのです。だからこそ、仕事とは何か。なぜ、年収を得るのか?何のために毎日会社へ行くのか…そういった希望も見えにくく、時には曇って見えてしまいます。30歳からの転職を考えている皆さんも、安定した年収を得たいと言う気持ちではないでしょうか。

30歳からの転職活動のために自分の価値観を考える

働くって何だろう…。30歳から転職などがチラつくと、何を基準に仕事を選んで良いか、わからないことも増えてきます。
価値観が多様化されて「大企業だから」「一部上場企業だから」が必ずしも通用しない時代です。大きな企業であっても、世界的な競争に負けて、倒産や大規模なリストラを今後おこなう可能性もあります。

そんなとき、一番頼りになるのは、自分の心の内側、心のポケットなのです。

転職活動に向けて優先順位を見直してみよう

働くことへ疑問を感じたとき、転職先が複数あって迷ったとき、一番頼りになるのは自分の心。自分の気持ちをときには見つめ直して、優先順位を見直してみることも大切です。 「給料」「プライベートとの充実」「福利厚生」「自宅とのアクセス」「従業員数」「研修制度の充実」「海外渡航のあり、なし」…。いくつかの条件を見つめてみることで、自分が何のために仕事をするかも見えてくるものです。 仕事探しが上手くいかない…そんな方にオススメです♪ →「仕事探し」をしている人が悩む10の理由と打開策

30歳からの転職では20代の時とは違う

満足な年収を得たい30歳からの転職をお考えの皆さん、 働くって何だろう、自分は何のために会社に行くんだろう。このように沢山、仕事に関して悩むコトが出来るのは、あなたが20代、30歳代だという証拠です。

若さとエネルギーにあふれた20代は社会人として、未熟だと感じるコトも多いかもしれません。
ですが、軌道修正できるのも20代だからこそ。たくさん悩んで、たくさん壁にぶつかることで見えてくるモノもあります。

現職で悩んだら初めに一歩踏み出してみよう

労働について悩むことが増えてきたら、まずは一歩踏み出してみることも大切です。アタマの中で色々と悩んでいるだけの時間は勿体ないものです。

30歳からの転職をお考えの皆さんも、より多くの年収を得るために一歩踏み出してみることで、安定した年収を得られ、未来はバラ色に変わっていきます。

▼30代での転職を成功させるには?

30歳からの転職でより多くの年収を得るには20代のうちに考える

20代の皆さんや30歳から転職お考えの皆さんは、思い通りにいかない、満足な年収を得たいと、毎日にイライラすることもあるでしょう。労働について迷ったとき、悩んだときは仕事について真剣に考えるチャンスです。

労働について悩むことができるのは、気持ちにゆとりがある柔らかアタマの20代だからこそ。30歳から転職をお考えの皆さまは、年収や転職に悩むうちに、思わぬ方向性が見えてくることもあります。たくさん悩み、たくさん今日を生きてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム