事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2017年11月02日(木) 更新

営業アシスタントに必要な能力と目標設定のコツ【例あり】

営業アシスタントとは?

仕事内容に応じた目標設定を見るために、まずは、営業アシスタントとは何かについて知りましょう。
大まかに言うと、営業マンについてサポートする職種が、営業アシスタントや営業事務です。では、営業アシスタントや営業事務は、もっと具体的には、一体どんな役目を担っているのでしょうか?営業アシスタントの仕事内容を見ていきましょう。

営業アシスタントの仕事内容は営業と顧客を結ぶパイプ役!

営業アシスタント・営業事務という仕事は、基本的に外回りの多い営業スタッフのサポート役です。仕事内容としては、顧客との連絡、会議資料や報告書の作成、日程調整や仕事の進行管理などがあります。今挙げた例を含めた、営業と顧客を結ぶパイプラインのような役割が、営業アシスタント・営業事務の主な仕事内容ということになります。

営業アシスタントとは業績にも大きな影響を与える

営業アシスタントや営業事務という仕事は、その仕事内容から細かい気遣いや気配り、日程などの調整能力、コミュニケーション能力も必要。営業アシスタントの仕事ぶりが、営業担当の成績に与える影響は大きいといえます。チームを組んで仕事をするケースが多いため、協調性や洞察力を高めることができるでしょう。

営業アシスタントに求められるスキルとは?

営業アシスタントは、顧客の元へ出向くことの多い営業スタッフのサポートをすることが仕事です。営業アシスタントは、会社全体の仕事内容や販売している商品・サービスをしっかりと把握しておかないといけません。

営業アシスタントは、営業スタッフの業務がスムーズに進むようにサポートしなければなりません。また、事務作業だけでなく顧客の対応をするケースも多いです。責任感のある仕事を任されることで、チームや企業全体に貢献しているというやりがいを感じられます。では、そこで営業アシスタント、営業事務に求められるスキルとは、何なのでしょうか?

営業アシスタントに求められるのはコミュニケーション能力

営業マンをサポートする仕事内容だけあって、営業アシスタントが求められるスキルは幅広いです。
営業アシスタントに求められるのは、コミュニケーション能力。仕事内容の性質上、社員・顧客と接する仕事である為、人に気配りできるコミュニケーション能力は勿論の事、一般的なビジネスマナーも求められています。

営業アシスタントの目標設定のコツとは?

営業アシスタントの目標設定は数値などのわかりやすいものにするようにしましょう。
数値で目標設定を行うことで評価も容易になりますし、自分で具体的にイメージもしやすくなりますので、営業アシスタントとして具体的に何をどのくらい、どうするかといった目標設定をしましょう。それでは、例も挙げつつ見ていきます。

目標設定では数値も含めて明確な設定にする!

目標を設定する場合は、具体的な数値を含めるようにしましょう。例えば、「1年間で事務作業におけるミスを○件に減らす」などです。具体的な数字を設定することで、目標を達成できたかどうかの確認がしやすくなります。上司側も、「ミスを減らす」というあいまいな目標よりも評価しやすいでしょう。

数字以外を使って目標設定する際の例とポイントとは?

先ほど見たような例と異なり、目標設定する際に数値化が無理な場合は、どのようにすればいいのでしょうか?
営業アシスタントとして目標設定にすべきことは、具体的にイメージできることだということを把握しておきましょう。具体的にイメージできる目標設定を行えば、自分にも周りにも分かりやすく、目指しやすいです。

数値以外の目標設定の例

それでは、営業アシスタントの目標設定の例を挙げます。

・予算の達成のために貢献する
・営業事務全体の効率化を図る
・資料の見やすさと使いやすさを高める
・事務コストの削減に協力する
・営業からの信頼を上げて営業活動の効率を高める
・顧客満足度を向上させる

以上が、営業アシスタントおよび営業事務の場合の、仕事内容に応じた目標設定の例です。

「役割」と「課題」で目標設定

目標の数値化ではなくて「役割」と「課題」の達成度評価という風にすると良いです。
例えば単に、「マニュアルを作る」などという目標では、何について、どのくらいの期間 で、どの程度のレベルに達することを目的として行うか、ということを明確にすると、さらに良い目標設定になるでしょう。
そのために今期は、何をどこまで実現するかを目標にするのも一つの方法です。

常に、営業アシスタントとはどんな役割があるのか、営業アシスタントとはどんな課題を持っているのかを考えると、数値がない場合も目標設定が出来るでしょう。

営業アシスタントの目標設定は仕事における「課題」と「役割」を明確にして定める!

営業アシスタント・営業事務の場合の、仕事内容に応じた目標設定のコツと例を見てきましたがいかがでしたか?
営業アシスタントとは、営業をサポートする重要な役割であることが分かりましたね。営業アシスタントの目標設定を書くことは難しかったりしますが、仕事の具体的な目標のイメージを、言葉で説明するというイメージで説明していけば、書きやすいのではないでしょうか。

こういった目標設定は、自分自身のモチベーションの向上にも繋がりますので、今回紹介したポイントをおさえて、目標設定していきましょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム