2019年08月01日(木) 更新

航空管制官に求められる視力の基準と満たせない場合の対処法

航空管制官の試験は21~30歳までしか受験できない

航空管制官採用試験によると、航空管制官になるには、視力以前に、第一ステップとなる航空管制官採用試験に受験して通らなければなりません。しかし、受験するためには年齢制限をクリアする必要があります。満21歳になる者から30歳に達する者までという年齢制限が設けられているのです。試験のレベルは大学卒業程度なので、4年制大学を卒業してから受験するのが良いでしょう。また、21歳未満の場合、在籍する学校の卒業見込み者であれば受験が可能です。

業務では語学力・記憶力・空間認識力が求められる

航空管制官採用試験に合格して国家公務員となります。しかし、すぐに現場に出られるわけではありません。航空保安大学校に入学して1年間、基礎研修を受講する必要があります。国家公務員として採用されますので、研修中も給料が支給されるでしょう。航空管制官に求められるのは、一定以上の視力と、集中力と英語などの語学力、そして記憶力と空間認識能力です。これらを兼ね備えないと、例え航空管制官に合格したとしてもついていけないでしょう。

航空管制官には裸眼が両方で0.7以上の視力が求められる

航空管制官に求められるのは最低、一定以上の視力です。どのくらい視力が必要なのかというと、裸眼が両方で0.7以上、もしくは裸眼が0.7に満たない場合、眼鏡で矯正されている視力1.0が必要となっています。航空管制官採用試験を受ける前に自分の視力は足りているのか知ることが大事です。裸眼の視力が一定に満たない場合は、眼鏡かコンタクトレンズなどで矯正すると良いでしょう。

レーシック手術で視力を向上させるのも対処法の1つ

航空管制官採用試験を受験するのは良いのですが、肝心な視力が一定に満たないと受けられせん。眼鏡やコンタクトレンズなどつけたくないと悩んでいる人は、レーシックと呼ばれる手術で視力を向上させるのも1つの手段です。手術時間が短く、眼鏡など不要なるだけでなく矯正できるというメリットがあります。しかし、ドライアイになりやすいというデメリットがあるので注意しましょう。受験するなら事前に手術したと申告するのも大切です。

視力が原因で不合格になっても矯正すれば問題ない

視力が一定以上に満たなかったという理由で、航空管制官試験に不合格になるのは珍しくありません。しかし、視力を除いて筆記など合格基準に満たした場合、眼鏡をつけるようにと義務付けられることがあります。その義務を守らないと不合格になってしまうでしょう。眼鏡をかけたらくないなら、コンタクトレンズで矯正するか、レーシック手術を受けるのがおすすめです。

色覚検査で視力に異常があれば確実に不合格

航空管制官採用試験で視力検査の他に色覚検査というものがあります。ほとんどの国家公務員試験に取り入れられている検査です。しかし、視力が一定に満たなくても矯正することが可能ですが、色覚に異常がある場合は落とされます。航空管制官は視力だけでなく一定以上の色覚がなければ、航空管制官は務まりません。

航空管制官に必要な裸眼で0.7以上の視力がない場合の対処法は眼鏡などの矯正や手術

航空管制官になるには航空管制官採用試験で合格しなければなりません。そして航空保安大学校で研修し、初めて任命されて空港で働くことができます。それ以前に航空管制官採用試験の倍率は、ほとんど二桁で合格率は一桁です。合格するには、視力が確実に必要だと言えます。条件を満たすためにも、適切な対処をしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム