2017年07月04日(火) 更新

【難易度はどれくらい】生活に役立つ薬膳コーディネーターの資格取得の難しさと試験内容

薬膳コーディネーターは生薬の利用で病気の予防を提案する

薬膳コーディネーターとは、主に生薬を利用した病気の予防を提案する資格です。もちろん健康な方に対しては、健康維持にも効果があります。また、体質改善にも一役買える資格ともいえるでしょう。薬膳コーディネーターの資格を取得すれば、家庭やお店を開いている人であれば提供メニューに生薬を加えて料理ができます。よく「健康改善はまず食事(体内)から」と言われているように、薬膳コーディネーターは1年中需要のある資格となっていますので、薬膳に興味のある方や、日ごろ料理をされる方などにはとくにオススメです。

薬膳とは個人の体質に合わせて生薬を使った料理

薬膳とは中医学の考え方からきており、各個人の体質に合わせて調理する食材に生薬を加えて作る料理です。よく「薬膳」と「生薬」を同じものとして捉えている人がいますが、薬膳は「できあがった料理」であり、生薬は「料理に使う素材(材料)」ですので間違わないようにしましょう。そして、薬膳は子どもでも食べられますので、家族全員で同じ食事をとることも可能です。薬膳レシピの本などもあるので、参考にしてみて下さい。

試験内容は添削課題の提出・最終筆記試験

薬膳コーディネーターの資格が取れるユーキャンでは、「本草薬膳学院」と提携しています。講座で使われる教材は全て公認されているものになりますので、正しい知識を身に付けることができるでしょう。試験内容は、講座から提供される添削課題を3回提出し、最終試験に合格すれば、薬膳コーディネーターの資格が取れるというシンプルなものになっています。

薬膳コーディネーターの資格取得の難易度は高くない

薬膳コーディネーターは生薬などの特殊な素材を使いますので、資格取得の難易度が高いと思われる人が多いでしょう。体に関わることですので、難易度が高いと思うのも無理はありません。しかし、薬膳コーディネーターの難易度は、独自調べによると合格率はほぼ100%となっているようです。なぜ、そこまで難易度があまり高くないのでしょうか。

難易度が高くない理由①:60%の正解率でOK

難易度が高くないといわれている理由には、試験が60%の正解率で合格とされていることがあげられるでしょう。配布されるテキストも2冊のみとなっており、冊数が少ない分、内容が的確かつ絞ってあるので知識が身に付きやすくなっています。無駄に多くの教材に手を付けるよりかは、的を絞ったテキストの方が、試験の難易度を高いと感じることが少なくなるでしょう。

難易度が高くない理由②:不合格でも再々試験まで挑戦できる

他にも、難易度が高いとあまり言われない理由として、もし不合格でも再々試験まで挑戦できるということが挙げられます。多くの資格取得試験では、1発合格などが一般的ですが、再々試験までできるというのは安心面でも大きく、難易度があまり高くない状況に一役買っているのでしょう。仕事や家事などで、あまり勉強の時間がとれずに不合格になってしまった方にとっては、良いサポート体制になります。

薬膳コーディネーターの資格取得の難易度は高くはなく試験内容は添削課題の提出と最終筆記試験のみ

ここまで、薬膳コーディネーターと資格取得の難易度についてみてきましたが、いかがでしたか。薬膳コーディネーターとは生薬を利用して、料理で病気の予防や健康維持を提案できる人を指します。薬膳コーディネーターの資格取得難易度はあまり高くありません。難易度を抑えている理由として、60%の正解率で大丈夫なことや、再々試験まで挑戦できるサポート体制が整っていることが挙げられるでしょう。このサポート体制のおかげで、仕事や家事で忙しい方でも挑戦しやすい環境になっていますので、難易度などは気にせずに薬膳コーディネーターを目指してみましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム