2017年01月16日(月) 更新

1級土木施工管理技士のオススメ勉強法【過去問は使える】

1級土木施工管理技士の有効な勉強法とは?

1級土木施工管理技士に興味のある人はたくさんいるのではないでしょうか?しかし、この試験を受ける上でやはり気になるのが、有効な勉強法です。ここでは、1級土木施工管理技士の有効な勉強法について紹介していきます!

過去問を繰り返して効率的な勉強を!

1級土木施工管理技士の勉強法で迷う人にオススメなのが、過去問題を繰り返し学習するというやり方です。この過去問題を繰り返す勉強法は、一見大変そうに見えるのですが、実は最も効率的な方法といえます。

まずは、最近1年分の過去問題集を解答根拠が納得いくまでやり込むようにしましょう。満点が取れるまで根気よく繰り返し学習する事が重要です。過去1年分の問題が完璧にできるようになったら、その前の年度の過去問をやるという流れで勉強を進めましょう。すると、何年か前の問題と同じだなというようにパターンが掴めてくるようになります。

理想としては過去問を解いて、分からない所を参考書で調べるというやり方で完璧にすれば、過去3年分ぐらいの過去問で合格基準点(60%以上の正解率)が取れるようになります。また、実地試験では経験記述があるので、講習会に参加してみると良いでしょう。

1級土木施工管理技士の勉強に使える通信講座の利用法とは?

1級土木施工管理技士試験に独学で勉強して失敗する例としてよく挙げられるのが、書店で良さそうな参考書を何冊か適当に見繕っていきなり勉強を始めたり、最近の試験の傾向も良く分からないままに膨大な試験範囲をまんべんなく力を入れて勉強したりすることです。

このような闇雲な学習方法は非常に効率が悪く、挫折の原因となるのでやめるようにしましょう。通信講座を利用して、試験の傾向と対策方法を知り、正しい計画を立ててから勉強するのがおすすめです。

大手の通信講座の無料資料で試験情報を知る

効率の良い勉強をする上で使えるのが大手の通信講座です。大手の通信講座の無料資料は大変良くできているので、試験の全体概要や最近の傾向などの最新情報を知るのにぴったりなのです。

これからの試験対策や重点的に勉強していく箇所を決めてスケジュールを立てる際に非常に役立ちます。

効率的に勉強して近道するなら有料の本講座もあり!

大手の通信講座の無料資料を読んで計画を立てた後は、書店で必要な参考書を探して独学するのも良いでしょう。

勿論、本講座は有料になる訳ですが、経験豊富なプロによる添削やメールでの質問受付などサポートも充実しています。

何回も試験に失敗したり、効率の悪い学習方法で無駄な時間を費やしたりなど、独学に不安がある方は、有料講座を使った方が安く済む場合もあります。自分のモチベーションに合わせて勉強方法を考えるようにしましょう。

東大生の1級土木施工管理技士の勉強方法とは?

東大生の1級土木施工管理技士の勉強方法をも見ていきましょう。大いに参考になるはずです。

まずは基本的な東大生の勉強方法についてですが、以下の3つの法則があるようです。

① 勉強の計画を立てる。計画通りにいかない日もあるが、全体としては必ず守る。
② 全ての人に適した勉強方法は無いので、試行錯誤を繰り返しながら、自分に合った勉強方法を探す。
③ 家や職場だけでなく、隙間時間を見つけて、どこでも勉強する。

80点を目指して重要項目を確実に覚える

東大生の勉強方法としては、過去問題のよく出題される問題を重点的に勉強して8割りを確実にものにするというのがあります。

特に土木施工管理技士の試験は、競争の試験ではありません。施工管理の知識を確認する認定試験となるので、ほとんどが過去問題と類似した試験問題になります。参考書自体、過去問題から重要項目を決めているので、前文や使用方法で、そのことを確認してから参考書を読むようにしましょう。

また、確かに参考書の全てを記憶できれば合格は間違いないと言えますが、それは無理なので試験問題に頻出する重要項目は絶対に覚えるようにします。

1級土木施工管理技士の試験においては、100点を取る必要はありません。60点以上が合格基準となるので、80点を目指して勉強すれば十分合格できます。

1級土木施工管理技士の勉強におすすめの問題集の特徴

1級土木施工管理技士の勉強におすすめの参考書、問題集の特徴としては以下の点が挙げられます。

・図表が豊富で、分かりやすい。
・重要語句は赤字で、繰り返しの学習に適している。
・文章が詳し過ぎないため、要点がつかみやすい。
・無駄な記述が無いので、効率的な勉強ができる。

参考書・問題集を選ぶ際は、上記の点に気を付けて勉強していきましょう。

1級土木施工管理技士は過去問を使って80点を目指す勉強方法がおすすめ!

1級施工管理技士の試験勉強は、施工管理の知識を確認する認定試験ですので、過去問題と類似した試験問題がほとんどです。

勉強するときには過去問題を意識しましょう。また、試験問題に頻出する項目は、必ず絶対に覚えるようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム