2017年01月16日(月) 更新

社内不倫の結末とは?知っておくべきリスクと最悪の行く末

社内不倫がバレた時のリスク①:職場への影響が大きい

社内不倫がバレた!血の気が引いて顔が白くなった直後に真っ青になり、周囲を見回して冷たい視線を向けられた時には、顔は緑色になっています。社会人として社内で一番やってはいけないことのひとつ、不倫がバレのですから仕方がありません。社内不倫の場合、どちらかが既婚、もしくは両方とも既婚であるための結末です。独身なら何も問題はありませんが、既婚ではどんな恋愛感情も否定されてしまいます。

当事者は二人とも上司に呼び出される

該当者が2人とも社内にいるのですから、結末として双方がまず上司に呼ばれて事情聴取ということになります。社内不倫といえども他人の恋愛関係に呼び出しなど、と思うかもしれませんが、倫理的に見過ごすわけには行きませんし、2人の社内不倫の関係がどこからか漏れたわけですから社内で知れ渡るそれなりの理由があったと判断されるのです。

社内不倫の結末:味方になってくれる人はゼロ

社内不倫をした時、結末として味方になってくれる人はいません。これこそが社内不倫の結末の恐ろしい部分です。社内不倫が人知れず盛り上がっている時は、普通に接してくれた先輩・同僚も、明るみに出たあとはまるで腫れ物に触れるかのように距離を置きます。不倫の結末(行く末)として、周囲の人が離れていくというのは避けられないところです。

社内不倫がバレた時のリスク②:家庭への悪影響が多大

社内で広まったことが、なぜか家族に知れ渡っていたということはあります。ほとんどのケースは、社内不倫をしている本人が知らないだけで、家族は私立探偵などを使って調査しているのです。社内不倫でスリルを味わっている最中、周囲では社内不倫がバレたり家族には知れ渡り、今後の生活の検討がされています。社内不倫の行く末に向けて、近づきつつあるのです。

家族は既に、慰謝料や親権についても腹を決めている

社内不倫が家族にバレた時にはすでに遅く、妻や夫は離婚を考え、慰謝料や親権についても腹を決めていることが多いですから、不倫をした本人が現実を突きつけられてパニックになり、大抵の場合は対応できません。

社内不倫の結末:離婚届を叩きつけられ孤立無援

社内不倫の結末(行く末)として、弁解の間もなく、最後通牒を突きつけられ、離婚届にすべてが記載されて渡されることもあります。そこには、自分の想像の枠を遥かに飛び越えた行く末が待っているだけです。社内不倫の結末は、思っているより過酷で残酷です。不倫している事自体がやましい出来事ですから、不倫の結末・行く末は恐ろしいものになっても仕方ないですね。

社内不倫がバレた時のリスク③:キャリアビジョンが崩れる

社内不倫の行く末まで行っても、出勤するしかありません。社内不倫の行く末として、家庭にいられるわけもなく、また社内不倫で仕事を休んでみても社内の反応が気になって出勤せざるをえなくなります。

社内不倫の行く末として、よりどころである仕事を失うのはこれ以上にない苦痛であり、社内では自分の知らないところで何か自分に不利は決定がされているのではないかという不安が襲います。

法に触れていなくても倫理的には完全にアウト!

社内不倫をして、精神的に不安定な状態で出勤しても、待ち受けているのは今後の業務についてです。社内不倫は違法なのか、社内規則に抵触しているのかと言われれば答えは「NO」です。しかし、倫理的にはアウトなのです。

社内不倫の結末:異動・閑職・退職を強いられる場合も

もちろん、リスクとして社内不倫で異動ということはありません。あくまでも、リスクとして人事を考えての「適材適所」であり、合理的な異動ということになるでしょう。リスクとして社内での異動や閑職、退社をリスクとして余儀なくされることもありますが、社内不倫の行く末ですから何もいえません。

ただし、社内不倫の結末・行く末は、人間関係にとどまらず、自分のキャリアにまで関わるという点は知っておくべきですね。どれだけ仕事で成果を残していても、不倫の結末・行く末は、そんなのお構いなしで悪い方向へ進んでいきます。長い期間で見たら、この部分が社内不倫の結末・行く末で、一番過酷なものかもしれませんね。

社内不倫の結末は家族関係の悪化と辞職!行く末とリスクを知って未然に防ごう!

社内不倫の行く末は家族関係の悪化と辞職です。不倫の結末(行く末)とリスクを知り、社内不倫をしないように対処を徹底してください。アバンチュールという言葉がありますが、それはプライベートで使われることであり、社内不倫となるとまったく話が違います。社会人を長く続けていると、社内不倫のひとつやふたつ、目の前で見てきたという方もいるでしょうが、あまり良いことがないのが現状です。それだけ大きなリスクが付いて回りますから、自己管理として断固欲望を打ち捨てましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム