2017年01月16日(月) 更新

専業主婦とワーキングマザーが子供に与える影響とは

専業主婦が子供に与える良い影響・悪い影響とは?

まず、専業主婦が子供に与える良い影響と悪い影響を見て行きましょう。
旦那が働き、一人で家事をしたりパートタイムで働く事の多い専業主婦。最近は、旦那の稼ぎが減っている事もあって、割合は少なくなってきていますよね。経済力もあまりないとされる専業主婦は、子供にどんな影響を与えるのでしょうか。

専業主婦が子供に与える良い影響:愛情を受け「良い子」に育つ

専業主婦は仕事をメインでしていない分、安心して子育てが出来るというメリットがあります。子供に目が行き届きやすく、子供にたっぷりと愛情を注ぐことができます。
そのため、子供はよく不良にはならずに「良い子」に育つと言われていますよね。母親の目がよく行き届いているために、「これはしてはいけない」「あれはダメだ」といった親の影響を過度に受けて育つ事になります。

専業主婦が子供に与える悪い影響:子供が自立しない・子離れ出来ない

専業主婦が子供に与える悪い影響としましては、子供がなかなか自立しないことです。母親の目を常にうかがって生きて来たため、なかなか自立出来ずに、始終独身でいて、親の介護をしなくてはならないという人も多いです。

その原因に、親がなかなか子離れ出来ない、という点が挙げられます。今まで子供ばかり見て来たせいか、子供が自立しようとするのに足を引っ張ってしまい、大人になろうとする子供の成長を妨げてしまいます。

ワーキングマザーが子供に与える良い影響・悪い影響とは?

次に、ワーキングマザーが子供に与える影響について見て行きましょう。
働きながら子育てをするワーキングマザー。共働きであれば、経済的には専業主婦よりも安定していそうですが、実際にはどうなのでしょうか。

ワーキングマザーが子供に与える良い影響:子供が自立しやすい

ワーキングマザーの元で育てられた子供は自立しやすいです。
一人の時間が多くなり、自分で物事を考えて組み立てるようになるからです。母親がいなくても自分で何でもするようになり、すぐに目標を見つけて自立して行けるというメリットがあります。
また、教育費を多くあてられるため、テストや学校の成績が良い人になりがちです。

ワーキングマザーが子供に与える悪い影響:子供に目が行き届かない

ワーキングマザーの中でも夜遅くまで働く女性は、なかなか子供に目が行き届きません。そのため、子供がどんな事を考えているのか、どんな行動をとっているのか、コミュニケーションの回数が少ないために把握しきれない事が多々あります。
偏った見方ではありますが、愛情がかけられないため不良や素行の悪い子供に成長する可能性も高いです。
しかし、子供の自立という面では幼少期は大変かもしれませんがワーキングマザーの方が、自立出来て良いというメリットが大きいのも事実です。

専業主婦とワーキングマザーは子供の自立が出来るか否かの違いがある

専業主婦とワーキングマザーが子供に与える大まかな影響としては、子供の自立が出来るか否かの違いがあります。
専業主婦はなかなか子離れが出来ない為に、子供の自立を阻む可能性がありますが、愛情をかけて育てられた「良い子」になりがちです。
ワーキングマザーは教育費を多くあてられます。子供が早く自立しますが、愛情不足のため素行が悪くなる可能性も高いのではないでしょうか。
人生においてどちらで選択するか悩んでいる方は、是非参考にしてくdさいね!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム