2019年08月06日(火) 更新

希望部署に配属されなかった場合の対応法

希望部署に配属されなかったら?―新卒編―

新卒で入社して、希望していない部署に配属されるケースは多くあります。むしろ、希望が通らない方が多いと言っても過言ではありませんが、そんな時はどうすればいいのでしょうか?

チャンスが来るまで配属先で頑張る

新卒の場合、社会人としてはじめて働くわけですから自分の適性についてまだきちんと理解できないでしょう。たとえ配属先が、自分に適していないと思っている部署であっても力を発揮することは多々あるのです。
人事異動で希望の部署に数年後に異動するケースも十分考えられます。そのチャンスが来るまで配属された部署で頑張ることも大切だと言えます。

その部署で経験を積めば後々役立つ

希望の配属先でなかったとしても、まずはその部署で結果を出せるように心掛けしましょう。そこから部署異動を希望したとしても、その経験は決して無駄にはなりません。その後に役に立つ場面もあるはずです。

希望部署に配属されなかったら?―転職編―

新卒だけではなく、せっかく転職したのに希望の部署に配属されなかったというケースも多々あります。再び転職したい・・・と思う方もいるでしょう。そんな時はどうすればいいのでしょうか?

情報収集しながらキャリアを積むのもあり

転職して希望部署に配属されなかった場合には、再転職する手もありますが、せっかくですので、あなたの今後のキャリア形成をゆっくり考えるチャンスだと考えましょう。

理由や目的があって転職したはずですが、希望の配属先でなくても情報収集しながらキャリアを積むことができますよね。
そうやってキャリアを積んで、後々希望の配属先へ異動する選択もあります。ただしその場合、希望の配属先でないからといって低いモチベーションで手を抜きながら仕事をするのはNGです。

どうしても希望の部署に行きたいときの対応法

新卒、転職どちらの場合も内定をもらった時と違う部署へ配属されてしまった場合、どのような対応をすることが正しいのかをご紹介します。

希望の部署に顔を出しておくと◎

どうしても希望の配属先に行きたい場合は、その部署に顔を出すようにしておくと良いでしょう。そこの部署の人たちと知り合って、できるだけ仲良くしておくのが望ましいです。
その部署の方からあなたを欲しいと思ってもらえるようにする努力が大切になります。仕事の職務としてはもちろんですが、仕事に関係ないところで自分のパーソナルな部分を知ってもらうことが重要だと言えます。

配属先希望を申請する制度があれば利用する

配属先の希望を申請する制度がある会社に転職した場合は、まずはその部署で働いてみて、その後に希望の部署を申請するという方法があります。
配属された部署の上司に相談してみて、直接掛け合ってもらうことも検討してみると良いでしょう。

後々配属先の申請をすれば希望部署に行ける可能性が高い

今回は、希望部署に配属されなかった場合の対応法について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。新卒の場合でも転職の場合でも、その部署だからこそ得られるものもあるでしょう。
与えられた仕事をシッカリして、結果を出してから希望の部署に行くというキャリアプランをぜひ考えてみてはいかがでしょうか。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム