2018年03月30日(金) 更新

モンスター社員に共通する特徴と効果的な対応策2つ

会社を蝕むモンスター社員の存在

現代では「モンスター・ペアレント」という言葉もあるように、会社を蝕むモンスター社員が問題となっているようです。新社会人や中途入社で入ってくる社員の中にも、ごく稀にモンスター社員と呼ばれる人が入ってくる事があります。そうしたモンスター社員の特徴は、どのようなものが挙げられるのでしょうか。

モンスター社員の特徴① 待遇に関しての不満を爆発

モンスター社員とは、会社の中でも人事担当や労務管理を担当する部署で多く聞かれる言葉です。少しでも会社の待遇や福利厚生などに不満を持つと、本人やその保護者などが出てきて文句を言ってきます。常に自分の権利や立場を守る事ばかりを考えて、周囲に悪影響を及ぼすのがモンスター社員の特徴です。入社前に聞いていた内容と違う、残業などの制度が違う、これは契約違反だ、などと騒ぎたて、最終的には法的手段に出るなどの問題に発生する可能性まで出てきてしまいます。

モンスター社員の特徴② 会社に利益をもたらさない赤字社員

モンスター社員の多くは、殆どの場合が会社に利益をもたらさない、いわゆる「赤字社員」である可能性が高くなっています。 そもそもモンスター社員と化した時点で、仕事を覚えて会社に貢献する意志もなくなっている可能性が高いのが特徴。 特徴としては、面接時に根掘り葉掘りと待遇まで聞いてくるケース、入社後も会社の決まりに対してやたらと批判的な態度で、すぐに法的な事を口にするなどが挙げられます。

モンスター社員を採用しないポイントとは

モンスター社員を見極めるのは難しいですが、採用してしまうと後々面倒な事が増えてしまいます。そんなモンスター社員を採用しない為にも、いくつかのポイントをご紹介しますので、押さえておきましょう。

履歴書や経歴書で早期退職や転職回数をチェック

短期間に何度も転職しているタイプは要注意です。たとえば、一年間に数回転職していたり、ひどい場合などは、前職を1ヶ月もたたない間に退職していたりなどしています。原因・理由はどうであれ、転職リピーターや早期退職タイプの人をもう一度採用するとなった場合は、履歴書や職務経歴書などで職歴をしっかりとチェックしましょう。

様々なモンスター社員の特徴

モンスター社員にはこういった特徴(一例)があります。

■仕事上の注意をしたら、翌日から行方不明になった社員
■入社3日目から無断欠勤が始まった社員 ■5分、10分の遅刻を遅刻だと認識していない社員
■同僚数人に対して、セクハラ行為をした社員
■自己都合退職のはずが、一転不当解雇と噛みつく社員
■社用車で、頻繁に事故を引き起こす社員
■勤務時間外には会社からの電話を一切取らない社員 など

様々なモンスター社員がいます。これはあくまで一例なので、必ずしも全員が全員こういったモンスター社員であるとは限りません。

モンスター社員への対応策とは

モンスター社員をそのままの状態にしておくと、更なる増徴を続ける可能性がありますから、速やかに対応する必要があります。ただ、どうやって対応したらいいのかといった事も出てくると思います。次はモンスター社員の対応策についてご紹介します。

モンスター社員への対応策:「二階から目線」法

周りに迷惑をかけるモンスター社員、ほっとくわけにもいきません。そういった時には、二階から目線(最初から立ち位置が違う前提で相手と接する)方法で、モンスター社員に対応していきましょう。例えば医者と患者の関係で、上から目線なら「聴診できないから早く服を脱げ」となりますが、二階から目線なら「聴診しますから、服を脱いでください」となります。

モンスター社員への対応策:発言や行動は基本的に無視

普段のモンスター社員の発言や行動は基本的に無視をするのが一番です。 ただし、限度を超えている場合で、しかも就業規則上可能なら始末書を書かせましょう。 就業規則上であれば、モンスター社員が何を言っても規則上の決まりと言ってしまえば裁判を起こそうが何しようがこちらが不利になるという事はありません。

不満爆発が特徴のモンスター社員には二階から目線で対応を

モンスター社員の特徴と対応策についてみていきましたが、いかがでしょうか。
モンスター社員の過失や対応策に追われるぐらいなら最初から採用しないのがベストですが、社員がモンスター社員の場合には、とにかく相手と立ち位置が違う前提で相手と接する事が何より大切です。
そして、そんなモンスター社員を採用しない為にも、履歴書や経歴書のチェックは怠らないようにしていきましょう。

関連コラム

事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68