2017年08月10日(木) 更新

何歳までOK?公務員試験を受験できる驚きの年齢制限

公務員試験の年齢制限①:自治体により異なる

公務員試験受験にあたり、自治体によって年齢制限に関する募集要項が違います。例えば地方公務員試験を受けるには何歳までが試験を受ける資格があるのでしょう?地方公務員試験は業種によって異なり、おおよそは21歳~28歳もしくは29歳までとされています。

さらに初級・上級で異なる

ただ、初級上級がある為公務員試験を受ける資格があるのは、初級は17歳~20歳程度上級は21歳~28歳もしくは29歳というような幅の広い募集になるのです。公務員試験の年齢制限に関しては事前に自治体などに確認する必要があります。

地方公務員は年齢の上限が高い傾向にある

自治体によって「何歳まで受験可能か」が異なると紹介しました。地方公務員は、年齢の上限が高い場合が多いです。大学卒業後、正社員としての就業経験がなくても、試験を受けられるのが近年の地方公務員試験の特徴です。ただし、それは地方公務員が簡単というわけではなく、年齢制限が少し緩和されているというだけにすぎません。

地方公務員になる場合にも、平均して1,000時間以上の勉強時間が必要といわれていますから、地方公務員を目指すなら入念に準備をしてから目指しましょう。

公務員試験の年齢制限②:職歴学歴により異なる

公務員試験の年齢制限が自治体によって違う事はわかりましたが、その他に公務員試験を受けられるのは何歳までかは学歴により異なります。

例えば国家公務員である海上保安庁や税務官、地方公務員の初級は公務員試験を受けるのは何歳までかと言われたら高校卒業から5年以内と大きく幅が出たり、技術系の地方公務員も大卒者のみの募集の場合21歳~28歳もしくは29歳と学歴職種によって公務員試験を受けられる年齢が何歳までかという事も変わってきます。

さらに社会人経験も受験資格に反映される

社会人経験があるかないかによっても公務員試験が何歳まで受けられるかも変わってくるのです。最近では民間企業での就労経験がある人を公務員に迎える傾向もある為、その場合公務員試験が何歳まで受けられるかという事もその人の職歴や経験によっても変わります。

何歳まで?公務員試験の最高年齢は59歳または60歳

公務員試験を何歳までうけることが出来るのか。公務員試験の受ける年齢での最高年齢は59歳または60歳です。何歳まで公務員試験を受けられるかは自治体や経験値、学歴などによっても異なり、最高年齢はここまでの幅があります。

自治体により、公務員試験の年齢制限が何歳までと規定がないところもあるようです。特に、地方公務員は先ほど触れたように、年齢上限が高い傾向にあります。地方公務員にしても国家公務員にしても、最高年齢は世間のイメージよりも高いようですね。

経験が求められるために最高年齢が高くなっている

例えば、体力がいる警察官や消防士などは公務員試験を受けれるのが何歳までかというのは明確に示していますが、同じ公務員試験でも事務方の仕事をする場合何歳という制限はあまり必要がありません。

しかし、そこには今までの社会人経験の規定があるため、一般の人から受験したいと考える場合は受験規格を満たすことができないでしょう。

「何歳まで公務員試験を受験できるか」は自治体・職歴により異なるので入念に確認を!

公務員試験を受けられるのは何歳までかは、自治体、学歴職歴、その仕事内容によっても幅があるという事がわかりました。自身が受ける公務員試験が実際どのような職種か、それが該当するかよく自治体に確認したうえで公務員試験に臨みましょう。年齢上限が高い地方公務員試験もありますから、事前に確認する事をおすすめします。

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム