2016年11月29日(火) 更新

役職者への「様」などの敬称のつけ方【社内・社外編】

「社内」の役職者を呼ぶ際には敬称を付ける?

メールに役職ある相手を記載しなければならないケースもあるでしょう。
その際敬称の付け方で迷うかもしれません。例えば自社の課長を呼ぶ際、「○○課長様」と言うべきでしょうか。それとも「○○課長」とだけで足りるものでしょうか。

役職に様などの敬称は付けない!

役職は既に敬称が込められているので、役職に様を付けることはありません。

メールであれ会話であれ、「○○課長様」はNGで、正解は「○○課長」です。役職に様を付けないようにしましょう。

「社外」の役職者を呼ぶ際には敬称を付ける?

先ほどは社内のケースを見ましたが、今度は「社外」のケースです。
社外の課長を呼んだりメールを送ったりする際、「○○課長様」と呼ぶべきでしょうか。それとも先と同じく「○○課長」とだけで言えば(メールすれば)足りるものでしょうか。

「○○課長」、もしくは「課長 ○○様」のように「役職 名前+様」

他社の役職者には「○○課長」、もしくは「課長 ○○」と呼びます。
要するに役職名の後に名前+様(敬称)という形です。
「○○課長様」は二重敬語となりますのでNGです。従ってこの際も会話やメールで「○○課長様」と呼ばないようにしましょう。言うまでもないことですが、自社の役職者の呼び方に釣られて、「○○」と呼ぶのは完全にアウトです。

他社の方と話す際は自社の人間に役職を付ける?

最後に他社の方と話す際、あるいはメールする際、自分の会社の役職者をどう呼ぶのでしょうか?
例えば社外の人とのメールに、自社の社長の名前を出す場合はどのように書くべきでしょうか。「○○社長」と書くべきでしょうか。それとも「○○」と呼び捨てでも構わないのでしょうか。

他社の方より下!「○○社長」と役職を付けない

社外の方に対しては、社内の人間すべてがお客様より低い扱いにし、お客様を立てるという文化が、日本のビジネスマナーにはあります。
そのため自分にとって社長であっても、社外の方にとっては低い存在になります。

なので、メールには「○○社長は」と書くことは許されません。メールには「○○」と名字のみで書くか、あるいは[部長の○○」のように、役職名のあとに名字を続けます。もちろんですが、メールに限らず会話でも言えることです。

役職に「様」などの敬称は相手が社内の人で変わり、名前の後に付けるのが通例

結論として他社の人間であっても、自社の人間であっても、役職に様などの敬称を付けてはいけません。社外の役職者に言及する際も「課長 ○○様」のように、名前の後に様を付けます。メールでも会話でも相手が、”社内の人”か”社外の人”かで変わります。
また、社外の人に社内の役職者を言及する件も含めると3つのパターンがあります。

一番注意したいのは、社内の役職者について、社外の人に話す場合です。たとえ上司であっても、自分側の人間は謙譲表現にしなければなりませんから、

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム