2017年01月16日(月) 更新

日商PC検定の試験内容や勉強方法

日商PC検定は3つの分野で問われる

勉強方法を見ていく前にまずは、日商PC検定の試験内容について紹介をしていきます。日商PC検定とは、日本商工会議所及び地商工会議所が設けた民間資格です。試験を受けるにあたり、3つの分野に分かれた出題の方法をとっています。内容は、「文書作成」「データ活用」「プレゼン資料作成」の3分野です。また、レベルは1級から3級とBasicの4段階に分かれています。勉強方法もそれぞれの分野で異なるため、的を絞った勉強方法を取り入れながら向けて取り組みましょう。

試験内容は文章作成から管理まで多岐に渡る

日商PC検定の試験内容は、事務作業に必要な文章の作成から、保存や管理、応用などが出題されます。また、タイピングの技術も試験内容として取り入れています。資料作成の中には、グラフの作成や編集、写真を取り入れた方法まで出題されます。勉強方法は、実際にPCを使って沢山練習する事が、覚える近道となってきます。また、PCやITに対する知識やエクセルを活用したビジネスで活用する計算方法も、日商PC検定の試験に出題される内容です。

日商PC検定の級ごとに求められるスキルは違う

日商PC検定は4つのレベルにわかれています。それぞれで求められるスキルが変わってくるので、把握しながら勉強方法を取り入れましょう。まず一番簡単なBasicでは、基本的な表計算や、PCの取り扱いなどについて出題されます。3級になると、ITに関する知識も追加されるため、操作以上にPCに関係のある知識を身につける点に重点を置いた勉強方法で、進めて行くべきと言えます。

2級と1級には効率化や責任者としての知識が求められる

日商PC検定の2級に求められるスキルは、責任者を補佐していく上で業務を円滑に行うための知識や効率化に重点を置いたスキルが求められます。1級になると、責任者としてビジネスを展開していく知識が必要でしょう。級が上がるごとにPCスキル以外の経営に関する知識が求められるため、勉強方法もPC操作以外に専門的な分野に重点を置いて、行っていくべきと言えます。

日商PC検定は級ごとに勉強方法を変える

日商PC検定の勉強方法は、級により異なってきます。Basicや3級の試験であれば、独学でも取得が可能です。過去の問題集をひたすら解く方法や、実際にPCを使ってグラフ作成などを何回もこなせば、試験を突破できるでしょう。基本的なことが主な出題内容となるので、わからない部分はネットで調べれば簡単に解決できるはずです。

PCスクールへ通うのがおすすめの勉強方法

Basicや3級の試験内容に比べて、2級や1級は専門的な細かい知識の他に、IT関連のスキルやビジネスに関わる知識も必要となってきます。独学で勉強方法も可能ですが、わからない部分がすぐに解決できる内容ではありません。よって、PCスクールへ通う勉強方法を取り入れる方がおすすめと言えます。各都道府県には、日本商工会議所で日商PC検定のPCスクールが開かれているので、利用するのも1つの手です。

3つの分野で問われる日商PC検定ではレベルに合わせた勉強方法を取り入れよう

日商PC検定の試験内容や勉強方法について紹介をしました。今後、事務作業に関わる仕事に就く人には、持っていて有利になるでしょう。試験の内容は、レベルに合わせて内容がかなり異なってきます。よって、級のレベルに合わせた勉強方法を取り入れれば、無理なく勉強に取り組めるはずです。今後日商PC検定の取得を考えている人は、ぜひ参考にして下さい。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム