2017年01月16日(月) 更新

1級土木施工管理技士の受験資格と合格するための勉強方法

1級土木施工管理技士の受験資格は学歴と3年以上の実務経験

1級土木施工管理技士の資格を取得するには、まず受験資格を得なくてはいけません。その受験資格を得る方法は様々です。一番の近道は、大学や専門学科などにある指定学科を終了して卒業する方法だと言えるでしょう。そして実務経験3年以上積むことで、受験資格を得られます。ランクが下である2級土木施工管理技士には、受験資格は設けられています

2級土木施工管理技士の取得と5年の実務経験でも大丈夫

1級土木施工管理技士の受験資格を得るには、指定学科を修了して実務経験を重ねる方法だけではありません。または、2級土木施工管理技士の資格を取り、5年の実務経験を重ねる方法もあります。この方法であれば、働きながら1級土木施工管理技士の受験資格を得られるので手っ取り早いと言えるでしょう。

1級土木施工管理技士はキャリアアップに有効な資格

2級土木施工管理技士があると、受験資格を手っ取り早く得られます。キャリアアップを目指すなら、1級土木施工管理技士に挑戦してみると良いでしょう。1級土木施工管理技士の難易度は高く、何度受験しても合格できない人が多くいます。土木や建設関連の会社には、必ずと言っていいほど、必要な資格なのでぜひ挑戦してみてください。

難易度が高いので多大な時間と費用がかかる

1級土木施工管理技士の受験資格を得て試験に合格するには、多大な時間と費用がかかります。働きながら1級土木施工管理技士の資格を目指す方法もありますが、簡単ではありません。独学で進めていくのは時間がかかるので、計画的に対策をしていきましょう。

1級土木施工管理技士の勉強方法として通信講座がおすすめ

難易度が高い国家資格である1級土木施工管理技士は、独学だけで合格するのは非常に困難です。独学で合格した人もいるかもしれませんが、それは稀なケースだと思った方が良いでしょう。勉強法としては、通信講座や各地の会場で開催されている講座や講習などへの参加がおすすめです。十分に対策できるような環境で勉強した方が良いでしょう。

受験対策講座への参加で効率的に勉強できる

1級土木施工管理技士の取得を確実にしたい人は、受験対策講座への参加がおすすめです。受験対策講座は合格対策のみの的を絞った効率の良い講義を行っています。費用はともかく時間的に制約ある受験者は資格取得を確実にするため、そのほとんどが参加していると言えるでしょう。しかし、会場はほとんど都市部に集中しているため、地方で働いている人にとっては参加しづらいかもしれません。

1級土木施工管理技士の受験資格は学歴・実務・2級の取得であり通信講座で試験対策しよう

1級土木施工管理技士には、受験資格が設けられています。そのためには実務経験、学歴、2級木施工管理技士の資格が必要です。ただし、難易度が高い資格なので十分な対策が必要となるでしょう。独学よりも通信講座や受験対策講座への参加をおすすめします。キャリアアップに役立つので、挑戦してみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム