事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2016年11月29日(火) 更新

総務・経理職に未経験で転職する際の志望動機の書き方と例文

人事が総務経理職の採用において見るポイント

転職の面接などで、人事が総務経理職の採用において見るポイントとは一体何でしょうか。インターネット上の様々な情報をもとに、総務経理職の採用に関して、一度、自分なりの考えをまとめてみましょう。

未経験でも、情報系の知識や総務・労務の知識は強みになる

現在のビジネスシーンでは、ほとんどの企業が経理システムを導入しており、また給与計算などの労務管理業務も一部業務に含まれる企業も多いようです。そんな理由から、情報系の知識や総務・労務の知識を持っている方は未経験でも総務経理職では確実に強みとなります。

総務や労務に関して企業は即戦力になる人材を求めており、企業ごとによって“求める人物像や求めるスキル”は様々ですが、IT文化の普及に伴いそのスキルも必須になりつつあります。実務未経験だとしても、強みになる知識を積極的にアピールしてください。

協調性やコミュニケ―ション能力も大事

総務・経理職で求められている人材は、協調性とコミュニケーション能力も求められています。
総務や経理において、その会社で働く従業員とも話す機会も多いですし、従業員に対してお願いする書類提出を促すこともありますので、当然、協調性やコミュニケーション能力も大事になってきます。未経験ならばなおさらです。

総務経理職を受ける際には、転職の面接や履歴書での志望動機・自己PR文でもポイントになってきます。

魅力的な総務経理職の志望動機の書き方

総務経理職の採用のポイントについて見ていきました。それでは次に、魅力的な総務経理職の志望動機の書き方について、インターネット上にはどのような情報がどの程度あるのかを調べてみましょう。

書き方のコツ①:必ず会社の魅力も盛り込んで書く

自分が受ける会社の魅力は、必ず履歴書に盛り込んで書くことを意識しましょう。数ある会社の中で、なぜその会社を選んだかの理由を書くことは、履歴書を書く上で必須だと思ってください。
その会社の魅力が経営理念なのか、方向性なのか、価値観なのか、自分と共感できる部分がきっとあるはずですから、総務経理職の志望動機を書く前に、しっかりとその会社に関して、研究もしておくようにしましょう。

こういったその会社だけの魅力を書くことで、その会社を志望しているという説得力が増すとともに、なぜsの会社でなければいけないのかという裏付けされた根拠にもなりますので、やはり、会社の魅力を伝えられるかどうかで、総務経理職だけではなく他の職種でも採用基準は変わってくるものです。
面接や志望動機で履歴書を書く際には、しっかりとその会社のことを調べておいてください。

書き方のコツ②:具体的でわかりやすい構成を心がける

「Aということに力を入れたいから御社だ」というビジョン

「なぜAがしたいのかというと、Bという経験をしてきたからだ」根拠

「業界の中でも、御社はCという点に力をいれているので、私の目標であるAという点に力を入れられると考えた」結論

以上の構成文で書いた方が、自分の意思や志望動機、などの説得力が増す書き方だと言えます。

また、志望動機を書くうえで、具体的に書かなければその熱意や想いは伝わりませんので、自分の体験談を交えながら書くことで、その文章にリアリティが自然と出てきて、より魅力的な志望動機になるはずです。文の構成は、しっかりと考慮して書くように心がけましょう。

総務経理職に転職する際の志望動機例文とは?

実際に履歴書や志望動機で書く際のポイント等について見ていきました。それでは実際に、総務経理職の志望動機の例について、インターネット上にはどのような情報が、どの程度あるのかを調べてみましょう。以下の文例をおさえておいてください。

未経験から経理職に転職する志望動機の例文↓

では、総務経理職の志望動機の例文をご紹介します。見ていきましょう。

【例文】
私は、学生時代に簿記・企業財務について学んでまいりました。企業において資金の管理や運用は重要な役割を果たしていると思っています。
これまで積み重ねてきた学習の成果を御社の経理部門で発揮しつつ、営業や売り場担当と違った部分から御社の経営活動に貢献していきたいと考えています。
私は、御社の経理部門の一員として、さらに発展するための努力を尽くしてまいりたいと思っています。
御社事業を支える1人として、経理部門では尽力してまいりますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

以上の例文は、そっくりそのまま使い回すのではなく、転職を希望する会社に合わせて臨機応変に改良してくださいね。

未経験で総務経理職に転職する際の志望動機は、情報系の知識&会社の魅力を盛り込む書き方をしよう

いかがでしたでしょうか?
今回は、総務経理職を受ける際の志望動機の書き方と例文に関して紹介しましたが、総務経理職を目指している方の参考になりましたでしょうか?
採用試験において、その会社でなければいけないという志望動機は採用でもとても重要なポイントになりますので、たとえ未経験の方であっても、しっかりと自分の言葉で志望動機を完成させましょう。

また、履歴書の志望動機を書く際には、くれぐれも、他の会社でも使えるような言い回しはやめましょう。面接官は、マニュアル的な文章はいっぱい見てきていますので、履歴書の志望動機がそのような文章だと印象が悪くなりますので、志望動機を書く際には気をつけてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム