事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2018年10月19日(金) 更新

ジュエリーアドバイザーになれる志望動機の書き方と例文

ジュエリーアドバイザーとは?

それではまず、ジュエリーショップのアドバイザーに受かる志望動機の書き方と例文を紹介する前に、ジュエリーアドバイザーが何なのかを紹介しておきます。

ジュエリーのコーディネートをアドバイスする人のこと

ジュエリーアドバイザーとはその名の通り、ジュエリーのコーディネートをアドバイスする人のことです。ジュエリーショップやブライダルの場といったところで、お客様が身につけるアクセサリーなどのアドバイスをして、その人にあったアクセサリーを選んでいきます。

ここ数年、ブライダルや冠婚葬祭でアドバイスを必要とするお客様が急増↑

ジュエリーアドバイザーはジュエリーショップだけに限らず、友人のブライダルやちょっとしたパーティーの時など、シーンに合わせてどんなジュエリーを選んだら良いのかお客様からの相談に乗ります。

ここ数年ではとくに、冠婚葬祭やブライダルの場でどのようなアクセサリーをつければ良いのかと、アドバイスを必要とされるお客様が急増しています。

人の幸せに携わりたい人は転職を考えてみては?

ジュエリーアドバイザーは、ブライダルなどの人生の幸せイベントに携わることができ、お客様を幸せにすることができる職業です。お客様が急増していると上記しましたが、ジュエリーアドバイザーもそれに伴って求められてきています。人の幸せに携われる仕事をしたい人は、転職を考えてみてはいかがでしょうか?

しかし、いきなり転職なんてリスクが高いですよね。そこでオススメなのが、「doda合格診断」です。あなたの経歴やキャリアを入力するだけで、合格可能性のある企業を診断してくれて、自分の実力を知ることができます。利用は無料ですので、腕試しがてら気軽に診断してみてください!

ジュエリーショップのアドバイザーに求められる能力とは?

ジュエリーアドバイザーが何なのかをおさえたところで、ジュエリーショップで働くアドバイザーに求められる能力は何かについて紹介します。ジュエリーショップのアドバイザーを受ける際の、志望動機を書く前に知っておくと、自分にとって有利となりますのでしっかりおさえておきましょう。

お客様の喜びを自分の幸せに変えられる心

ジュエリーショップのアドバイザーの仕事は、ただジュエリーショップでアクセリー商品を販売するだけではなく、ジュエリーショップへ来店されるお客様の特別な想いを、ジュエリー・アクセサリーという形に残すためのお手伝いをする仕事です。

ここで何より大切なのが、お客様の喜びを自分の幸せに変えられる心です。アクセサリーなどの商品知識やジュエリーショップのアドバイザーとしての立ち振る舞いは、真摯に働いていれば自然と身についていくものであり、ジュエリーアドバイザーに求められる能力で何より大切なのは、お客様に喜んでもらうということを抑えておきましょう。

お客様の話を聞き心を開く力

ジュエリーショップのアドバイザーとして、仕事上で求められる能力は、親身になってお客様の話をじっくりと丁寧に聞くのもことです。ジュエリーショップでアドバイスをするアクセサリーは自分で身につけるもの、記念日のプレゼント、ブライダルで身につけるものなど、来店されるお客様は、年齢も性別もジュエリーを購入する目的も思いもさまざです。

だからこそ、お客様と会話を重ねていき、お客様が本当に求めている真の要望を汲み取らなければいけません。

ジュエリーアドバイザーに求められる能力がないかも?

ジュエリーアドバイザーに求められる能力がないと諦めてしまっていませんか?もしかすると、自分で気づいていないだけで、実は適職である可能性は否定できません。自分の可能性を広げるためにも、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか?

特にオススメなのが「リクルートエージェント」で、業界実績No.1を誇るキャリアアドバイザーが、質問を通してあなたの強みや隠れた才能を発見してくれますよ!

ジュエリーアドバイザーの志望動機【書き方】

魅力的な志望動機の書き方は、その職種でならなければならない、明確な理由が述べられていると熱意を感じ取ってもらえるでしょう。それでは、ジュエリーショップのアドバイザーを受ける際の志望動機書き方を紹介します。

企業の求める人物像と重なる自分の強みを書く

まずは、ジュエリー業界では、応募先企業ではどのような人物像を求めているのかを知りましょう。企業の求める人物像とがわかれば、その像と重なる自分の強みを自己PRすれば、志望動機としてかなり納得のいくものになります。

ジュエリーショップのアドバイザーを目指した理由を具体的に書く

ジュエリーショップのアドバイザーの志望動機を固める例として「なぜこの業界・企業を選んだのか」を考え、リストアップしたら次に「自分が今までの人生で学んだ事や、頑張ってきた事」と照らし合わせて紐づけていく事で、ジュエリーショップのアドバイザーへの志望動機が固まっていきます。

ジュエリーショップのアドバイザーに惹かれている理由を書く

自分がどうしてジュエリー業界に惹かれているか、そしてジュエリーショップで働くことを志望しているのかを志望動機に書くようにしましょう。その為には、ジュエリー業界以外の他の業界も調べてみることが大切です。自分がジュエリー業界で仕事をしたい理由が、他の業界ではできないであればなら、とても説得力のある志望動機と言えます。

ジュエリーアドバイザーを受ける際の志望動機【例文】

それではジュエリーショップのアドバイザーを受ける際の志望動機の例文を紹介します。例文はあくまで参考程度としておさえておいてくださいね。それでは紹介します。

志望動機例文①

---例文---

わたしは昔より、友人から相談を受けることが多く、まずは相談を持ちかけてくれる相手の話をしっかり聞くということを常に意識してきました。ジュエリーショップでアドバイザーの仕事をするにしても、お客様の欲しているものや、気になっていることはお客様の言葉の中に隠されていると思います。相手が本当に欲しいものを提供するには、相手の話を聞くことが一番大切ではないかと考えました。

前職ではテレフォンアポインターをしており、対面での接客業務ではありませんでしたが、お客様のお話を伺い真の要望を引き出すという部分は、アクセサリー販売の仕事にも活かせる経験だと思います。

過去に対面販売の仕事の経験はありませんが、アクセサリーはとても好きで日頃からファッションの一部として楽しんでおり、とても興味のある仕事なのでこのたび応募させて頂きました。

志望動機例文②

---例文---

わたしは学生の頃からアクセサリーに興味があり、アクセサリーのお店で働きたいと、これまで考えていました。貴社のアクセサリーは、シンプルかつ気品があり、以前から着用しています。どんなファッションにも合わせやすく、非常に使いやすいです。

また、働く環境においても、非常に魅力を感じております。以前から、店内の雰囲気や従業員の方の明るい対応に憧れを感じていました。

わたしはまだアクセサリーについて知識はありませんが、実務での経験を重ねながら、より多くのお客さんに来店していただけるお店づくりをしていきたいと考えています。中途半端に終わらぬよう勤めていく覚悟です。

ジュエリーショップのアドバイザーの志望動機は仕事への熱意を具体的に書く

ジュエリーショップのアドバイザーを受ける際の、志望動機の書き方と例文について紹介しましたがいかがでしたか?ジュエリーショップのアドバイザーは憧れや好きだからという理由で、目指す方の多い華やかな職種だと思います。

それだけに大変な面や競争率も高いとは思いますが、今回紹介した、ジュエリーコーディネーターの志望動機の書き方や例文を参考に、積極的に応募しましょう。志望動機ではとにかく、熱意を伝えること、そしてお客様のために自分はどのように立ち回りどのようにしてあげることができるのかを具体的に書くことが大切です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム