事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2018年10月19日(金) 更新

ホテル支配人の驚きの平均年収とキャリアアップ方法

ホテル業界における仕事・キャリアの概要

まずはホテル業界の仕事内容とキャリアの概要について説明します。ホテル業界に入ったら、ホテル支配人になるためのキャリアの第一歩として、まずどのようなことを学ぶのでしょう.

ホテル業界は段階的に業務が変わる

ホテル業界に入ったら、まずはホテル内の基本的な仕事を覚えるため、フロントや清掃の現場を経験します。一般的には、半年程度は勉強期間になるようです。じっくりとホテルの仕事を覚える期間。基本的なフロント・清掃の仕事を覚えたら、安全管理などを中心に、他スタッフへの指示出しがメインとなっていき、徐々にマネジメント、つまり支配人としての業務に近づいていきます。その後は、さらに営業計画から新サービスの企画、スタッフ指導や経営管理など、少しずつ業務の幅を広げていきます。支配人になるには、まずは副支配人を通るのが一般的なようです。

ホテル支配人の平均年収・給料とは

ホテル支配人は経営職となるため、平均年収・給料は業績・勤務先により大きく異なってきます。しかし、給料の水準は、一般的に高いよう。業界年収のNo.1である阪急阪神ホールディングスでは、平均年収は約900万円と出ています。周囲では、年収300万円、200万円の企業もあり、それこそホテルそのものの業績によって大きく差が出ているようです。また、好立地のホテルや外資系のホテルに関しては、年収2000万円に近い金額の給料を出すことができるそうです。ビジネスホテルの一般社員のホテルマンの年収平均280万円と比較すると、ホテル支配人への昇進は大きな目標となります。

ホテルの平均年収・給料一覧(4社)

独自調べによる、一部のホテル企業の平均年収・給料です。

■リゾートトラスト:約4,740,000円(平均年齢:33.7歳)
■ロイヤルホテル:約3,540,000円(平均年齢:38.3歳)
■藤田観光:約5,510,000円(平均年齢:40.9歳)
■帝国ホテル:約6,030,000円(平均年齢:41.8歳)

こちらの給料例は、あくまで独自調べの一部ですので参考程度に留めておいてください。

外資系の場合は30代で約2,000万円の給料を目指せる

独自調べによる、35歳のホテリエの給料の例です。35歳であっても、マネジャーならおよそ700万円の年収獲得が可能です。また、外資系のホテルの場合、35歳でも副支配人クラスになる事が可能で、そこまで昇進すると年収は1,000万円を超えます。その後、30代のうちに総支配人になると、2,000万円近い年収・給料がもらえるとか。外資系のホテルでは、このケースのような日本人の支配人がすでに誕生しているようです。

ホテル支配人のキャリアアップについて

今回紹介しているのはあくまで一般的な流れですが、ホテル支配人のキャリアアップについてまとめていきましょう。入社したらまずは専任のトレーナーが付き、ホテル業における接客やマナー、管理業務などを覚えていくことからはじめていきます。接客をするのがメインとなり、お客様への失礼がホテル支配人として一番してはならないことです。そのため、トレーナーをマンツーマンで付けしっかり指導していくのです。もちろんキャリアアップするにつれて、年収も上がっていくのが一般的でしょう。

ホテルスタッフから副支配人へ

その後、副支配人として管理業務をメインに学んでいきます。サービスの企画や指導、コストの管理などを覚えていきます。ホテルによってはメディア・広報戦略(TV・雑誌・インターネット広告の活用による販促)などのアイデアを採用してくれるところもあり、幅広い業務を任せてもらうことが可能です。入社後1年半でホテルの副支配人に昇進するのが一般的でしょう。イチ従業員とホテルの副支配人では、年収も大きく変わってくる事は言うまでもありません。

ホテル副支配人からホテル支配人へ

また、支配人として評価される人材に見られるのは、「仕事に対して向上心のある人」「部下の指導ができる人」そして「ホテルの業績を伸ばすことができる人」という情報が出ています。他の職種と同様、人の上に立つ者としての能力を求められているのです。ホテル支配人を任されるようになるには、マネジメントはもちろん、ホテルのサービスのすべてを把握していなければいけません。ホテル支配人となれば、副支配人と比べても大幅な年収アップになる事は間違いありません。

ホテルスタッフに転職するならエージェントに相談

ホテル支配人になるには、ファーストステップとしてホテルスタッフから始めなければなりません。ホテルスタッフの求人を探す場合は、転職エージェントを利用するといいかもしれません。転職エージェントは、求人紹介だけでなく、書類添削や面接対策まで行ってくれます。

特にオススメなのが「リクルートエージェント」です。リクルートが運営しており、業界求人数&実績No.1を誇りますので、安心してハイレベルなサポートが受けられますよ!無料ですので、ぜひ利用してみてください。

ホテル支配人になると2,000万程の給料(年収)が貰える場合もあるが企業別の差は大きい

ホテル支配人のキャリアアップと平均年収についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。支配人としてのキャリアを手に入れるには、そう時間はかからないようです。向上心や能力によっては、最短で1年半で昇進の道もあるそうです。また、給料はホテルの業績差に比例して大きく差が開いており、最大手のホテル支配人にいたっては年収2000万円を目指すことも可能に。ホテル支配人の年収アップとキャリアアップの為には、常に高い目標を見つけるようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム