2018年10月19日(金) 更新

潜水士の仕事内容と平均年収・給料

潜水士になるためには?

映画やドラマによって注目を集めるようになった、海上保安官としての潜水士。人命救助を行ったり、海のヒーローのようなイメージを持っている人も少なくありません。

そんな潜水士には、どのようにしてなれるのでしょうか?資格や海上保安官としての潜水士について見ていきましょう。

潜水士になるには指定された国家資格を取得

潜水士は、労働安全衛生法によって規定された国家資格です。普通に潜水士の資格は、海上保安官でなくとも筆記試験に合格するれば取得できます。

また潜水士の資格は、水中掘削や海洋調査などを行う人が受験するのが多いと言われています。

資格を取得しても海上保安官の潜水士になれるわけではない

潜水士の資格を習得しても「海上保安官の潜水士」になれるわけではありません。海上保安官の潜水士になるには、まず海上保安官になる必要があります。

上記でも紹介したように、潜水士の資格は海上保安官でなくても取得できます。しかし、ドラマのような潜水士になるためには、海上保安庁に入庁して海上保安官になる必要があります。潜水士を目指す人は、注意しましょう。

潜水士の仕事内容とは?

潜水士になるための方法を紹介しました。潜水士の求人募集は、たいへん多くなってきているそうです。人気の潜水士の仕事は、水中に潜りさまざまな作業をします。

では次に、潜水士の仕事内容について見ていきましょう。

民間の潜水士の仕事内容一覧

一般的な潜水士の仕事内容は、以下の通りです。

・沈没船の引き揚げ
・水産物採取
・土木建築作業
・潜水器を使用した海洋調査
・海の写真撮影 など

近年では海難救助や土木建築作業以外にも、スキューバなどのスポーツダイビング指導者、海洋開発といった新しい分野でも活躍の場が広がってきています。

また潜水士とは、幅広く海に関わる職業です。海での仕事のため、安全に配慮したチームワークが重要になる仕事と言えるでしょう。

海上保安官の潜水士の仕事内容は船舶勤務+海難救助

海上保安官の潜水士は潜水研修を修了し、潜水士国家試験に合格すると、「潜水指定船」に配属され潜水士として任命されます。

そして海上保安官の潜水士は、船艇勤務を行いながら、海難救助にあたります。潜水士として一定の経験を積んだ後は、機動救難士や特殊救難隊員として、より高度な海難救助活動に従事する道もあります。

潜水士の平均年収とは?

一般の潜水士の仕事内容と、海上保安官の潜水士の仕事内容を紹介しました。国家資格である潜水士は、民間と公務員によって少し仕事内容が異なるようです。

では次に気になる潜水士の平均年収や給料について、見ていきましょう。

民間の潜水士の平均年収は400万円~600万円

民間の潜水士の平均年収は、400万円~600万円と言われています。民間の潜水士の平均年収は、会社によってずいぶん違うようです。

一般的な給料は初任給の手取り15~19万と言われています。また、20代の給料平均は25万円、30代の平均給料は30万円、40代の平均給料は35万円だそうです。

中には民間企業の潜水士で経験を積んだ後に、フリーダイバーになる方もいます。フリーの場合は、平均給料は40万円を超えるそうです。では次に国家公務員である海上保安官の潜水士の平均年収と給料を見ていきましょう。

海上保安官の潜水士の平均年収は500万円~600万円

海上保安官の潜水士の平均年収は500万円~600万円と言われています。民間の企業よりも高めの給料ですね。

また海上保安大学校や海上保安学校に在学していると、毎月約14万円の給料が支給されます。この給料以外にも期末手当、勤勉手当が支給されます。

そして、海上保安学校門司分校では、入校までの職務経歴に応じた給料等が支給されます。入学と同時に国家公務員の潜水士となり、国土交通省共済組合員としての社会保障が受けられます。

潜水士に転職する際はエージェントに相談

潜水士の資格を持っており、転職を考えている人はエージェントに相談するといいですよ。あなたが求める条件を伝えれば、それにマッチした求人を紹介してくれます。また、履歴書作成から面接対策まで、トータルで転職活動をサポートしてくれるのです。
特にオススメなのが「リクルートエージェント」です。リクルートが運営しており、業界実績No.1を誇りますので、安心してハイレベルなサポートが受けられますよ!無料ですので、ぜひ利用してみてください。

潜水士のキャリアアップの秘訣とは?

潜水士の平均年収や給料について紹介しました。やはり、国家公務員である海上保安官の潜水士の給料は高めになっているようです。

では最後に、潜水士のキャリアアップや平均年収アップの秘訣紹介していきます。

認定ライセンスの取得して潜水士の指導者になろう

まず民間の潜水士や初心者ダイバーを指導するなら、インストラクターの認定を受ける必要があります。各団体の最高ランクに位置するのが、インストラクター認定ライセンスと言われている資格です。

このレベルのライセンスを取得すると、「Cカード発行許可」を受けられるようになります。「Cカード発行許可」を所有していると、ダイビング初心者の審査官となれるのです。そおして、本部に変わって団体認定のCカードを発行できるようになります。ただし上位のライセンスなので、潜水士としての実力や実績が必要になるでしょう。

潜水士の仕事内容と平均年収と給料は民間企業と海上保安官とで異なる

潜水士の仕事内容と平均年収・給料について紹介しました。国家公務員である海上保安官の潜水士の平均年収と、民間企業の潜水士の平均年収は少し異なるのです。やはり、海上保安官の潜水士の方が手当が充実しているようですね。

潜水士の仕事に興味がある人は、今回紹介した潜水士の仕事内容と平均年収・給料を参考にしてください。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム