2016年11月29日(火) 更新

【どういう仕事なの!!】MS職の平均年収とキャリアアップの仕方

そもそも、MS職ってなに!?

まずは、そもそものところで、MS職って何か!?について、しっかりおさえておくことも、就活や転職の際にはは大事なことかと思いますので、そこに関して見ていきましょう。

医薬品卸売会社の営業担当者はMSと呼ばれています。
MS(マーケティング・スペシャリスト)とのことで、簡単に言って言えば、医薬品会社の営業ということになります。
医療業界の仕事になりますので、薬などの知識も必要
になります。もちろん、取引先も医療機関や調剤薬局などになり、薬の卸業だけではなく、情報収集から提供までも行う仕事です。
特に資格がなくてもなれる職種ですが、当然医療のなどの知識は必要になってきますので、就職後も勉強も必要でしょう。

MS職の平均年収ってどれくらいなのか!?

やはり、その職種の気になるところと言えば、その年収になりますよね。
MS職の平均年収は、都道府県によりかなり差があったり男性が女性より継続勤務年数が長かったりする事もあり、ここにもかなりの金額差があるみたいです。

平均年収は、400万円を超える高めの年収みたいです!!

当然ではありますが、MS職の給与も企業ごとで、違いあるため、一概には言えないのですが、平均年収は、400万円を超えてくるようですが、その高い年収には、その仕事の大変さなどがあるみたいです。
MS職は、退職率もその分高めの職業だと言えますが、その分、年収が高いようです、40代になると600万円以上の年収も見込めるようです。

当然ではありますが、MS職の給与も企業ごとで、違いあるため、一概には言えないのですが、平均年収は、400万円を超えてくるようですが、その高い年収には、その仕事の大変さなどがあるみたいです。
MS職は、退職率もその分高めの職業だと言えますが、その分、年収が高いようです、40代になると600万円以上の年収も見込めるようです。

MS職のキャリアアップ・年収アップの秘訣

MS職のキャリアアップ・年収アップの秘訣は、資格を取得することや専門性を身に着けることが重要と言えるでしょう。

キャリアアップは確実に見込める職種ではあるようです

MS職は、キャリアアップも見込める職種のようです。そのキャリアアップのケースは、定年まで薬剤師として、ある程度の経験を積むことで、一人だけ支店を任されて責任のあるポジションとして、働くことができたりするようです。
また、大手医薬品メーカーなどの場合ではあれば、実績によってにはなりますが、経営やマーケティングを任されたりと、幅い広い業務もできますので、キャリアアップとともに、スキルアップもできるようです。

MS職の平均年収とキャリアアップの仕方のまとめ

いかがでしたでしょうか!?
今回は、MS職の平均年収とキャリアアップに関して紹介しましたが、MS職は、医療業界の幅広い知識も必要となる仕事なので、大変な仕事でもある一方で、年収も高く、社会貢献度の高いやりがいある職種だと言えるでしょう。
また、働く中でしっかりとキャリアアップやスキルアップもできる職種ですので、自分の成長も実感しながら仕事にも取り組めますので、モチベーションも高く保てる職種のようです。
ですので、MS職の平均年収アップとキャリアアップの為には、目標を見つけるようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム