2019年08月06日(火) 更新

不動産(商業)業界の将来性と今後の展望

不動産(商業)業界の現状

不動産業界の業界規模は10兆8,599億円で、これは業界動向サーチで確認することができます。首都圏でのオフィスの需要が増えた平成17年からの推移は増加傾向にありましたが、平成20年の金融危機を受け減少しました。平成24年に始まったアベノミクス政策により、消費税が増税される前の需要もあり、推移は回復しています。また、2020年には東京オリンピックが開催されるため、都心部では不動産価格が高騰しているようです。

不動産(商業)業界の課題

近年の日本では、少子高齢化が社会問題として度々とりあげられています。世帯数が減少し、需要も減ることから不動産業界においても、この少子化問題は今後の業績不振を招きかねない不安要素のひとつです。仕事や旅行で部屋を留守にしている際のセキュリティ面の強化や、高齢化に伴い生活のしやすい家の提供やバリアフリー対策など、これからの不動産業界の課題として、時代のニーズにあった変化が求められるでしょう。

不動産(商業)業界の今後の展望

2020年には東京オリンピックが開催されます。この影響により日本の不動産は世界各国の投資家から注目され、都心部の不動産価値が高騰しています。また、上記にも挙げたように少子高齢化も懸念されているため、一部の不動産業は海外での展開を行っているのです。少子化による世帯数の減少は、不動産業界のこれからを左右するでしょう。そこで、どう対応・変化できるかが今後のカギとなってくるのです。

まとめ

現在の不動産業の推移は上昇していますが、将来的に不安要素はあるようです。2020年の東京オリンピックで景気も良くなるでしょうが、長いスパンをかけて見てみるとやはり少子高齢化による世帯数の減少は、不動産業界において痛手になるでしょう。このような影響を受けて、海外での事業を展開するところもあります。時代のニーズに沿って不動産業界も変化していく必要がありそうです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム