2017年02月17日(金) 更新

面接で入室する際のノックの正しい仕方と回数

入室時の正しいノックの回数とは?

Door handle 625942 640

ノック回数は1回ではもちろん少なすぎますし、面接官達もその音を聞き逃してしまいます。ノック回数は4回くらいならまだ良いかなという気もしますが、3回コンコンとならせば十分に面接官にも聞きとれるので、それで十分です。

もちろん、ノックは強くするのではなく、手の中の3本指の第2関節を使って軽く手を振って正しいノックの仕方をしましょう。そうすれば、よく響く音で面接官にも問題なくノックの音が聞こえます。

面接室入室時に、正しいノック回数は「3回」

就活や転職の面接で入室する際のノックの正しい仕方と回数についてみていきます。就活や転職の面接は本番も緊張しますが、入室前のノックも審査をされているようでやはりドキドキしますよね。この入室時のノック、皆さんはいつもどのくらいノックされますか。入室時の正しいノックは3回まで。

よく音で表現される「コンコンコン」という音の回数、そのままです。ノックの回数が少なすぎても相手に気づいてもらえないですし、逆に多いとマナーとしてあまり印象がよくありません。

▼個人と集団でも違う!?集団であったときのためにコチラも要チェック▽『集団面接での入室・退室|グループだからこそ気を付けるべき注意点と面接官が見るポイント』

入室時のノックの正しい仕方とは?

これが基本となるノックの正しい仕方で、覚えておきたいのが、正しいノックとして、ノックの後は相手の合図を待ってから入室する流れ。

くれぐれもノックを3回してからすぐドアを開けるのではなく、相手の準備ができた合図を待ってからドアを開けるようにしましょう。もしノックの仕方に自信がなかったら家で練習をしましょう。

正しいノックの仕方は、3本指の第2関節を使って行う

面接室の入室時のノックの仕方ですが、上記で述べたように、手の指の中の3本指の第2関節を使って手首を振り上げるように面接室のドアを3回軽くノックします。これが正しいノックの仕方になります。その正しいノックをした後に、「どうぞ」などと面接官が言ってくれるのでそれを待ちましょう。

「どうぞ」の声が聞かれたらドアを開けます。そこでいきなりズカズカと入室するのはNGです。ドアを開けた後に、その場で一礼をします。「失礼致します」と言ってから面接室へ入室しましょう。

▽ノックと合わせて押さえておきたい入室・退室マナー▼『面接における入室・退室時zのお辞儀のマナー』

入室時の≪NG≫なノックの仕方とは?

就活や転職で重要な、入室時のNGなノックの仕方について見ていきましょう。正しいノックをするうえで、NGなノックを覚えておくのは重要なポイントです。ノックの仕方だけで面接官も判断はしないでしょうが、それでも、あまりにもルール・マナー違反だという場合は、その印象が残りますからNGなノックの仕方も頭に入れておいてください。

まず、ノック無しの入室はもってのほかです。これは面接をする前からアウトとなってしまう可能性もあります。緊張してしまいノックするのを忘れる可能性もありますが、これはマナー違反です。入室する時は必ずノックをしましょう。

強すぎたり回数が多いノックは、相手に圧迫感を与えるので×

Gf01a201503031400

また、それ以外にもノックがあまりにも強過ぎたり、ノックをし過ぎたりするのは、相手に圧迫感を与えますよね。ただ、緊張して自然とノックに力が入ってしまったということもありますよね。

そんな時には入室する前に「緊張してノックが強くなってしまいました。すみません」と伝えるようにしましょう。たかがノック、されどノックですから、NGなノックだけはやめましょう。

▼面接攻略のために合わせてcheck▽『就活の面接マナー徹底攻略!全42のマナーを一挙大公開』

面接での正しいノックの仕方は、指の第2関節を使って回数は3回「コンコンコン」

就活や転職の面接で入室する際のノックの正しい仕方と回数についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ノックなんて別にしてもしなくてもいいんじゃないかなんて思っている方はいないと思いますが、あまり重要視していないという方は、きちんと入室時のノックの仕方を心得ておくと、面接の際にも不安が無くなりますし、面接官へも好印象になりますので是非覚えておくといいでしょう。

就活や転職の面接で入室する際のノックの正しい仕方と回数を身に付けて、内定を近づけましょう。

人気のコラム