2016年11月29日(火) 更新

日本たばこ産業の志望動機の作り方で大事な3つのポイントと例文

①魅力的な志望動機の構成を考えよう!!

志望動機の作り方で大事な3つのポイントとして、最初に紹介しておきたいのが、志望動機を書くうえでの構成になります。文章を書くうえで、構成というのはとても大事な部分ですので、しっかりとポイントをおさえておきましょう。

履歴書の志望動機では効果的に伝える順番が大事

まず、履歴書の志望動機の構成は、下記の構成で書いてみるといいでしょう。

■結論

■業界の志望理由

■企業の志望理由

■決意

印象がよく魅力的な志望動機というのは、伝えるべき要素をすべて盛り込むことが重要になります。せっかく練りに練って、考えた文章でも、面接官にキチンと気持ちが伝わらなかったら意味がありません。
その上で、なぜ志望先の企業に就職したいのかということなどを具体的に結び付けると、より説得力のある志望動機になります。上記の構成を参考にして、文章だけを考えるのではなく、その文章の組み立て方も意識して書くようにしましょう。

②入社理由は志望動機で”もっとも大事”

就活や転職においてこの入社理由は、特に大事なところなので、確実に面接官の目に留まるような文章を考えておきたいところです。

理由はしっかり考えておくべき!!

志望動機の最も大事なところとも言える、入社理由というのは、とても重要な要素で、企業側はこの部分をかなり重要視しています。
「なぜうちを選んだのですか?」という質問の際は、納得させる解答が必須です。
「それは他の企業や業界でも同じことですよね」といわれないようにしっかり対策しておきましょう。
相手にその熱意ややる気が確実に上手く伝わるように整理しておく必要があります。

そのために、志望動機はロジック的にまとめることをオススメします。

自分の動機を明確にしておくことはあなた以外にも採用試験を受ける人はじっくり考えていますので、マニュアル的な回答や文章にならないように気をつけてください。
まだ就業経験が無い学生や、経験が浅い第二新卒者でも、試行錯誤しながらでも全然いいですか、探す行為が大事であり、必要がなのです。
もう志望動機を書いいる人も、自分の就活・転職活志望動機をもう一度見つめ直し、他社でも言えるようなことになっていないかなど、しっかり熟考してください。本当に大事なところです。

③自分の体験談や夢や成し遂げたいことをすべて盛り込む!!

やはり、その想いが伝わるのは、自分のしたい事や夢を盛り込んだほうがより、リアリティが増して伝わりやすいです。

本当の志望動機は夢やビジョンにあるのです!!

上記では、モチベーションに関してのことを説明しましたが、企業が志望動機で、もう一つ重要視している点があります。
それは、志望度ということになります。企業側の立場なって考えてみてください。
本気で志望している人とそうでない人がいた場合に、あなたならどちらも採用したいと思いますか!?どちらが、会社によって有益になると感じますか!?そう考えると、当然、本気で志望している人になると思います。
企業はある程度、人を育成するということを念頭においています。つまり長く働いてくれる人の方が言い訳です。
そう考えると、この志望度は高い方がいいと思いませんか!?
なので、この志望動機の文は、本当の意味での志望度を測る為の指標になる訳ですから、夢や目標がリンクしている志望動機の方がより説得力がある訳です。

好印象を与えられる志望動機の例文を紹介!!

日本たばこ産業に関する志望動機の例とは、どのようなものがあり、就活にどのように活かせば良いのか調べてみましょう。

日本たばこ産業の志望動機の例文①

私は、大学時代テニスサークルの副代表を務め、他者をまとめる立場に立つ中 で、個々人では気づかない新しい“気づき”を与え、意識を変える ということを信条にしてきました、
その能力を活かせるようにしていきたいと思いますが、具体的に申しますと、

私は、貴社に入って、従来のたばこのイメージを変えることに挑戦したいと考えております。
現在のたばこのイメージでは、喫煙者は非喫煙者に煙たがられる傾向にあると思います。それは、たばこ=体に悪い、煙たい、臭いというイメージが、世の中にあるからだと思いますが、私はそのようなイメージを変えていきたいと思っています。
世の中にある、たばこのイメージをプラスに変えていくことで、喫煙者と非喫煙者が共存できる雰囲気を作ることができると考えています。

日本たばこ産業の志望動機の例文②

私は、大学3回生のとき、とある酒造会社で2週間程ですが、インターンシップを経験しました。
当時は、商品企画に興味があり、「営業なんか自分には向いていない」と思っていました。ですが、実習中に女性の営業の方に同行させてもらったことが、私の中で大きな転機となりました。
「営業は自分の思いを一番伝えられ、お客様や販売店の方の生の声を聞けるのは営業担当だけ」そんなお話を聞き、「営業」という仕事を志望するようになりました。
また、日常生活に不可欠なもの、身近なものを扱う会社で働きたいと思っていました。業界としては食品関係を目指していましたが、なぜJTを志望したのかですが、それは、働いているひとたちが魅力的だったというのが大きな理由です。

日本たばこ産業の志望動機ポイントと例文を押えるのは就活で必須です

いかがでしたでしょうか!?
どれだけ、志望動機が面接や履歴書にとって大事なところかということが理解できましたでしょうか!?
この部分は内定が決まる決まらないの判定基準として大いに影響してくると思われる箇所でもありますので、しっかりと考えておいてください。
また、日本たばこ産業の志望動機の作り方と例文を紹介しましたが、その会社、またそのとりまく業界を詳しく研究することも大事ことですので抜かりなく研究しておきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム