2017年06月26日(月) 更新

タクシードライバーになるための志望動機の書き方と例文

タクシードライバーに向いているのはどんな人?

免許さえあればだれでもタクシードライバーになれるかと言ったらそうではありません。安全運転で業務に臨むことは必須であり、それ以上にお客様が快適にタクシーを利用できるかを考える必要があります。また、勤務体制や給与の形態から、体力や根気が必要な仕事だといえるでしょう。

居心地の良い空間を演出できる人

タクシードライバーの仕事は、カーナビに従ってお客様を送り届けるだけ、というわけではありません。現代のタクシー業界は、お客様を安全に、交通規則などの法令を遵守しながら、できるだけ早く目的地まで送迎することはもちろん、居心地の良い空間を演出するサービス業の役割も同時に担うことが求められています。
そのため、サービス精神が豊富な人がタクシードライバーに向いています。

どんなお客様にでも対応できるコミュニケーション能力がある人

日本語が全く話せない外国人観光客を送迎することもあるでしょう。車内という限られた空間での接客なのでコミュニケーション能力が重要なのです。

また、先輩のタクシードライバーは何かしらコダワリを持っていたり、気難しい方も多いので、お客様だけでなく、社内でもコミュニケーション能力が高ければ有利でしょう。

タクシードライバーの志望動機に盛り込むべきポイント

志望動機に盛り込むべきポイントはサービス精神、接客が好きなこと、責任感だといえます。上述したようにお客様にとって居心地のいい空間を提供できるかが重要であり、そのためには接客や人と関わる仕事が好きだとアピールするのが効果的です。乗客との会話や関わりが好きだと思う人には適任の仕事だといえるでしょう。また、志望動機には安全運転でお客様を目的地まで届ける責任感についても盛り込むべきだといえます。安全運転はタクシードライバーにとって欠かせないので、確実に守ろうとする気持ちは伝えた方がいいでしょう。

特にコミュニケーション能力・体力をアピールすると好印象

長時間の送迎業務も、運転が好きであればストレスもたまりにくいですよね。
ただし「運転が好き」だけでなく、交通規則など法令を遵守し、お客様の命を預かっているという自覚をもって運転することが求められます。

タクシードライバーになるための志望動機の具体例

最後に、タクシードライバーの志望動機の具体例を紹介します。志望動機の書き方に悩む人は、書き方の具体例を参考にして、自分を効果的にアピールする志望動機を作成してください。

志望動機の例

私は誰に対しても居心地のいい空間を提供する貴社の理念に共感し、タクシードライバーを志望いたしました。以前貴社のタクシーを利用した際に、ドライバーさんの対応や心遣いが非常に良かったです。こんなにも居心地のいい空間を提供するタクシードライバーもいるのかと感動したのを覚えています。これをきっかけに私も安全運転に努めるだけでなく、お客様にとって快適な移動を提供したいと考えるようになりました。前職では接客を経験しており、様々なタイプのお客様に対応した実績があります。前職の経験をタクシードライバーとして活かせると考えるため、貴社を志望いたしました。

タクシードライバーの志望動機の書き方は例を参考にして好印象を与えよう

タクシードライバーの志望動機の書き方、盛り込むべきポイント、例文について紹介しました。タクシードライバーは安全運転だけでなく、お客様にとって居心地の良い空間を提供できるかが大切です。そのためには体力、コミュニケーション能力、責任感、サービス精神が必要だといえます。ぜひ、これらのポイントをしっかり盛り込んで志望動機を書いてみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム