2019年08月16日(金) 更新

歯科医師を受ける際の志望動機の書き方

就活生は歯科医師のイメージを「勉強大変そう・優しい・稼ぎが多い」と思っている

キャリアパーク会員の就活生を対象に「歯科医師のイメージを教えてください!」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の声

  • 勉強大変そう
  • 優しい。
  • 稼ぎが多い

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月6日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「歯科医師のイメージを教えてください!」

就活生たちは歯科医師について「勉強大変そう・優しい・稼ぎが多い」とイメージしていることがこのアンケートの結果から見えてきました。
そんな歯科医師になるためには、どのような志望動機を書けばいいのでしょうか?この記事でポイントをご紹介していきたいと思います。

歯科医師の志望動機は就職先の方針にあわせる

歯科医師になるために必要な志望動機は、就職先の仕事内容や方針に沿っているとよい印象を与えられます。なぜ歯科医師になりたいのか。歯科医師になってできることはなにか。歯科医師の仕事は、歯の治療や口腔内疾患の予防などです。ほかにも、歯を美しく見せるための矯正やホワイトニングなどを患者さんに施すこともあります。歯科医師として、患者さんのあらゆる要望に応えることが求められるのです。

キャリアプランで熱意を伝える

歯科医師になりたいという気持ちだけでは、採用担当者に熱意を十分に伝えられません。歯科医師の志望動機を作成する場合は、具体的なキャリアプランや目指す歯科医師像を伝えられるといいでしょう。歯科医師として活躍するために必要なのは、努力を継続する姿勢です。また、仕事を教えてもらう立場として謙虚な姿勢も大切です。ともに働く同僚として迎え入れてもらうためにも、円滑なコミュニケーションができるというのをアピールするといいでしょう。

歯科医師になるための志望動機は就職先の方針にあわせてキャリアプランなどを盛り込もう

いかがでしたか。歯科医師になるための志望動機を作成するポイントについてご紹介しました。歯科医師の志望動機を作成する場合は、就職先の仕事内容について理解した上で、自分にできることを考えましょう。歯科医師が患者さんに向けてできることは多くありますが、歯科医院によって方針はさまざまです。また、歯科医師として働きたいという熱意を伝えるためにも、就職後のキャリアプランを明確に伝えるといいでしょう。また、歯科医師は患者さんや同僚との交流が必要なため、コミュニケーション能力についてアピールできるとよい印象を与えられます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム