事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2017年09月13日(水) 更新

列車見張り員の資格・仕事内容と気になる平均年収

列車見張り員(列車見張員)とはどんな資格?

列車見張り員(列車見張員)という仕事を聞いたことがありますか?鉄道に詳しい人は聞いたことがあっても、そうでなければ馴染みのない言葉でしょう。まずは、列車見張り員(列車見張員)という資格概要を確認していきます。

列車見張り員は工事関係者の安全を守るための"社内"資格

列車見張員は、線路の工事、あるいは線路の近隣地で工事をする際に、鉄道車両の接近を見張り、工事関係者の安全を確保するための作業員に必要な資格です。

列車見張員の資格は、社内資格(民間資格)なので、詳細は資格認定主体である会社により異なりますが、混乱を避けるため、列車見張員という資格呼称で統一され使われています。
営業近接の工事をおこなうときは、見通し距離を確保するために、必要な人数が定められており、足りなければ工事そのものが、停止する非常に重要なポジションです。

資格を取得するには特定企業に所属しなければならない

列車見張員の資格は、日本鉄道施設協会、もしくは鉄道電業安全協会が主催する保安講習(講義、試験、クレペリン、知能検査)と、実技試験、その他のいくつかの講習を受ければ発行されます。数日もあれば資格取得はできるようです。

資格取得条件は特に定められていないものの、仕事の関係上、JR、関連工事会社、列車見張をおこなっている警備会社に所属していないと、まず取得自体が不可能な資格となっています。

1年ごとに講習などを受けなくてはいけない

資格取得時に保安講習を受けますが、その後も一年ごとに講習などの研修を受講する必要があります。列車見張り員の資格の有効期限は1年なので、講習を受けないと資格が抹消されてしまいます。
また、実際に業務にあたる前には"立ち上がり講習"というものも設けられているため、試験に合格して終わりという資格ではないのがよく分かります。

列車見張り員の仕事内容とは?

では、具体的に列車見張り員は、どのようにして工事関係者の安全確保しているのでしょうか?列車見張り員の仕事内容について見てみましょう。

スピーカーなどで列車が来ることを作業員に伝えて退避させる

列車見張員は列車がくる時間の数分前に、スピーカーなどで列車が来ることを作業員に伝え、作業員を線路脇に退避させます。列車が通り過ぎると、次の列車までの時間をアナウンスし、作業再開の合図を出すというようなことをして作業員の安全を守っています。

退避できない状況の時は発炎筒を振る

また、万が一退避できない状況の時は、列車が来る方向に走って行って発炎筒を振らなければなりません。
この繰り返しによって、作業に熱中する作業員の安全を守るのです。業務中に一番緊張するのは、路線脇に退避したあと、列車が猛スピードで目の前を通過していくときだそうです。

列車見張り員の行動は全てに許可が必要

列車見張員は、基本的に業務中に関する全ての行動は、工事管理者の指示や許可が必要とされており、自分の判断で場所を移動することはできません。野外での作業なので、猛暑や大雨が降っているなどの状況下でさえも、許可がなければ移動はできないのです。

作業員と同じ条件といえ、場合によっては、雪の降る中、電車が2時間に1本というような路線での業務などもあり、体を動かせない分、かなりツライ思いをすることになります。

列車見張り員の平均年収ってどれくらい?

上記では、列車見張員の仕内容や役割についてみていきました。最後に、列車見張員の平均年収について紹介していきたいと思います。

列車見張員の給与例↓

列車見張員の平均給与はいくらくらいなのでしょうか?具体的な数値を見ていきましょう。

・正社員
月給18万2000円~21万3000円(休暇:月4~10日)、資格手当(列車見張員:月3000円)

・正社員
初年度想定年収 180万円~(年間休日:92日)
月額 150,000円~280,000円

・正社員
初年度想定年収 300万円 ~ 360万円(日勤・夜勤 合わせて、25日が、基本ベース)
月給 25万円~

・契約社員
日給制8000円~1万2000円+各種手当
【月収例】21万2500円(日給8500円/月25日勤務)、23万7500円(日給9500円/月25日勤務)

このような数値となっています。

列車見張員の平均年収は「280万円前後」と高くない

地域差などもあるでしょうが、どうやら基本的に給与は高くなく、平均年収は280万円前後で賞与があるところもほとんどないようです。
列車見張員という仕事に、魅力を感じない人では続けることが難しい仕事内容といえるでしょう。

列車見張り員(列車見張員)は作業員の安全を守る資格・仕事で、平均年収は280万円ほど!

列車見張り員(列車見張員)の資格概要・仕事内容と平均年収について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。
取得後も、一年ごとの講習などが義務付けられています。また、列車見張員は警備会社に勤めなければ、まず資格を取得することが難しいみたいです。警備会社に所属するので、ときには、一般的な警備員として勤務することもあるらしいですよ。

一般的な水準で見ると、平均年収が高いとはいえませんが、さまざまな資格を取得し、管理業務や、内勤スタッフとなることで、キャリアを積み平均年収をアップさせることは可能なのです。興味のある方はご自分でもっと調べてみてください!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム