2017年06月26日(月) 更新

ガラス業界を目指す人がおさえておきたい志望動機のポイント

ガラス業界の企業へ応募を検討したことがありますか?

キャリアパーク会員の就活生を対象に「ガラス業界の企業へ応募を検討したことがありますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「ガラス業界の企業へ応募を検討したことがありますか?」

アンケート結果によると、「ガラス業界の企業へ応募を検討したことのある」と答えた就活生は25%となりました。意外と多い数字なのではないでしょうか? こちらの記事では、ガラス業界は今後どのような展開になると予想されるのか、入社するとしたらどのような人が向いているのかなどを見ていきましょう。

ガラス業界は世界を視野に成長が期待されている

ガラス業界のトップ企業は、世界的にシェアを広げています。スマートフォンやタブレット用のガラス需要が高くなったことにより、ガラス業界の業績は回復傾向にあるのです。新興国の経済成長に伴い、ガラスの需要は今後も高まることが予想されています。ガラス業界には、今後もグローバルな展開を視野に入れた経営が期待されていると言えるでしょう。技術向上による高機能ガラスなど、これからもガラス業界の成長は続くと思われます。

ガラス業界の志望動機はスキルのアピールが大切

志望動機を作成する場合は、ガラス業界に対する適性をアピールすることが大切です。ガラス業界でどのようや活躍ができるのか。どのようなスキルを活かせるのか。これらをしっかりとアピールすることで、採用担当者に向けて強く印象付けることができるでしょう。しかし、これらをアピールする場合は明確な根拠が必要です。スキルなどをアピールできるようなエピソードについて、深堀して考えるようにしましょう。あいまいな内容だと、質問をされたときに強くアピールすることができません。自信と熱意がこもった志望動機を作成するためにも、しっかりとした根拠を考えることが大切です。

具体的なキャリアプランで熱意を伝える

ガラス業界の志望動機において熱意を伝えるためには、具体的なキャリアプランを伝えることが効果的です。実際にどのような仕事を職場で実践できるかどうかなど、採用担当者にわかりやすく表現すると伝わりやすくなります。キャリアプランが明確になっていると、ガラス業界の職場で意欲的に働き長く勤めるだろうという考えを持ってもらいやすくなるのです。

ガラス業界の志望動機を作成する場合はスキルのアピールとキャリアプランで熱意を伝えよう

いかがでしたか。ガラス業界の志望動機を作成するポイントについてご紹介してきました。ガラス業界は、今後もグローバルな経営において成長が期待されています。ガラス業界の志望動機を作成する場合は、入社後にどのような仕事ができるのかを証明するスキルを伝えましょう。スキルを伝えるときは、そのスキルを身に付けた具体的なエピソードを盛り込むことが大切です。具体的なエピソードを盛り込むことにより、伝えるスキルの信ぴょう性が増します。また、ガラス業界への熱意や意欲を伝えるためにキャリアプランを盛り込むと効果的です。採用担当者に好印象を与えるためにも、スキルを伝える具体的なエピソードとキャリアプランを盛り込んだ志望動機を作成しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム