2017年06月27日(火) 更新

介護事務管理士の資格に合格するためのテキストの選び方

介護事務管理士とは?

介護事務管理士は介護に関する知識や、介護に必要になるお金の計算といった能力が必要になります。介護事務管理士になるには、どのような方法やステップがあるのでしょうか。

まずは介護事務管理士の仕事内容や、介護事務管理士になるのに必要な資格などの基本情報をおさえておきましょう。

仕事内容は、主に介護報酬を請求する事務作業

介護事務管理士とは、さまざまなサービス介護事業所で働きます。受付や会計などを行い、施設によっては、ケアプランを立てる介護支援専門員のヘルプもするのです。

介護事務管理士の受験資格や年齢制限は特にありません。事務作業・ケアプランの理解・介護報酬の計算などが重要になっています。

介護事務管理士は事務作業に加え、ケアプランの内容把握が必要

介護事務管理士は、30代の受験者がもっとも多く、次に40代、20代という順番になっています。介護事務管理士は受験者のほとんどの方が合格しています。また、受験のチャンスが多く、在宅試験やテキスト持ち込み自由の場合が多くあります。なので、合格率が高めになっているのでしょう。

介護事務管理士技能認定に合格する秘訣は?

介護事務管理士になるには、介護事務管理士技能認定を取得することで、介護事務管理士になれるということでした。そうなると、介護事務管理士技能認定試験に合格したいですよね。

では、介護事務管理士技能認定に合格する秘訣を見ていきましょう。

資格に合格するには、テキストの選び方が重要になる

介護事務管理士の資格を取るには、まずたくさんのレセプトを書くことです。レセプトとは、患者が受けた診療について、医療機関が保険者(市町村や健康保険組合等)に請求する医療報酬の明細書のことです。レセプトを書くことでカルテの読み取りが早くなり、コツも身につきます。

しかし、初めて勉強する介護事務管理士の資格勉強で、安易にレセプトを書くことはできません。要はテキストの選び方が重要になってくるのです。では、おすすめのテキストについて紹介していきますので、参考にしてください。

介護事務管理士の勉強にオススメのテキスト3選

効率的に勉強するには、テキストの選び方も重要になってきますが、介護事務管理士技能認定の参考書は大きい本屋さんに行くと、たくさん置いてあってどれを選べばいいのか分からなくなる人もいると思います。

そんな方に、介護事務管理士技能認定のオススメのテキストを紹介していきます。

介護報酬制度/介護報酬請求事務 (介護福祉経営士テキスト【基礎編II】第2巻 第2版)

「介護報酬制度/介護報酬請求事務 (介護福祉経営士テキスト【基礎編II】第2巻 第2版)」
■出版社:日本医療企画
■出版年:2015年8月

これならわかる介護保険 第2版 (2015年版)

「これならわかる介護保険 第2版 (2015年版)」
■出版社:翔泳社
■出版年:2015年3月

介護報酬パーフェクトガイド 2015-17年版

「介護報酬パーフェクトガイド 2015-17年版」
■出版社:医学通信社
■出版年:2015年6月

紹介したテキストの選び方を参考に介護事務管理士の資格を取得しよう!

介護事務管理士の資格に合格するためのテキストと選び方を紹介しました。介護事務という職業はその歴史がまだ浅いので、古くからある国家試験等と比べると広く認知されていません。

しかし、今後の高齢化社会を想定すると、役に立つ資格であることをは間違いないでしょう。今回紹介したテキストの選び方を参考に、介護事務管理士を目指してください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム