2017年09月20日(水) 更新

出版社における広告営業・取次営業の仕事内容の違い

出版関係の仕事にはどんなものがあるか?

今回出版社における営業の仕事内容をご紹介しますが、出版関係の仕事にはどのようなものがあるかご存知でしょうか?出版社の仕事内容=出版関係の仕事すべてとは限りません。営業は他の業界にもある職種ですが、その仕事内容は当然他業界の営業と違う部分もあります。

また、出版関係の仕事・出版業界というと、出版社の他にも編プロ(編集プロダクション)というものがあります。まずはそういった部分を、参考程度に見てみましょう。自分がやりたいのは出版社の仕事内容なのか、それとも漠然とした出版関係の仕事なのか、判断材料にしてもいいかもしれませんね。

「一気通貫型」の出版社(版元)と「外部委託先」の編プロ

出版関係の仕事といっても、必ずしも出版社を指しているとは限りません。編集を請け負う編集プロダクションも、立派な出版関係の仕事です。とはいえ、同じ出版関係の仕事でも、版元(出版社)と編プロではそのポジションが違います。版元の出版社が印刷や流通まで幅広い業務を担当するのに対し、編プロは編集に特化したアウトソーシング的な役割を果たします。

出版関係の仕事でも、誰をターゲットにしているかでベクトルが異なります。出版社は読者の事を考える、つまり商品が市場で売れることを優先的に考えますが、編プロは受託先の編集者のことを第一に考えます。このように、出版関係の仕事でも、かなり幅広い仕事内容があると知っておきましょう。

出版関係の仕事に特有のものは↓

出版関係の仕事で、営業以外のものは業界特有のものです

■制作(校閲)
■編集

制作では雑誌などの企画、制作、外注依頼から、打ち合わせやデザイン編集などを手掛けるようになっています。そして編集では書き手との企画や執筆依頼、スケジュール管理から打ち合わせ、さらには原稿チェック及び編集、各部署との調整などを行います。

出版社における営業の仕事内容とは?

出版社の仕事内容の中でも、今回は営業にフォーカスして見てみましょう。出版社の仕事内容(出版関係の仕事内容)は先に述べたように、たくさんあります。なので、出版社の仕事内容の中でも営業が一番やりたい、もしくは、営業について理解したいという気持ちをもって読んでください。漠然と「出版社の仕事内容」とだけイメージしようとしてみても、なかなかできないものです。

出版社の営業の仕事内容は、おもに本屋さん巡りです。つまり営業先が本屋さんということになります。もちろん「売れる本」を案内しなければなりませんから、どんな本が売れているのかといったマーケティングも仕事の一環となります。

営業のタイプ①:広告営業

出版社は雑誌も販売しています。これらの雑誌には新聞と同じく「広告」の欄がありますね。広告を載せるのはスポンサーを探してくるのも、出版社の営業の仕事内容です。また、自社の本を宣伝するための広告媒体を探してくることも仕事内容に含まれています。

広告収入(売上)を増やすのが主な仕事内容

広告主に対して働きかけ、売り上げの中でも広告収入を増やす仕事を担当します。広告営業は、クライアント開拓のための新規開拓はもちろん、広告代理店を回る事もしばしばあるそう。

そして、広告営業は新聞広告やネットでのプロモーションなどに関して、読者に対してどう宣伝すれば本の魅力が伝わるかをプランニングするのも大切な仕事内容です。また、広告のデザインの相談を受けることもあります。

広告営業にはストレス耐性が求められる

出版社の仕事内容(営業の仕事内容)においては、広告営業も重要です。特に、利益構造が読者収入よりも広告収入に頼っている場合は最重要と言えます。企画を話し、広告を取ってきてもらうためには、ストレスに耐えうる体質が求められるようですね。

広告営業には大変さとやりがいがある

また、販売会社や書店等に新刊情報やその他のPR素材を提供し、業界内関係者と読者に情報が十分に行き渡るようにしなければなりません。広告営業はこれだけ大変な仕事内容ですが、同時にやりがいもあると考える人が多いですね。

営業のタイプ②:取次営業

取次営業は出版社独特の仕事内容であると言えるでしょう。出版業界には取次会社という本の問屋が存在します。多くの本屋が取次会社から本を入荷しています。取次会社に本を売り込めば、本の売れ行きは飛躍的に向上します。

出版社における広告営業と取次営業の仕事内容は多岐に渡るので大きなやりがいがある

出版社の仕事内容、なかでも広告営業と取次営業の仕事内容と違いについて見てきましたが、いかがでしたか?一口に出版関係の仕事と言っても、色々な仕事内容がある事も分かったかと思います。出版業界には、出版社以外にも編プロなどの会社があります。そういった規模の大きさを知ることが、出版関係の仕事を始めるスタートラインになるかもしれません。

出版社の営業の仕事内容は「本を売ること」に関する全般です。本が好きであることはもちろん、消費者に本を届けたいという強い気持ちがなければ、続けていくのは難しいでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム