2017年07月19日(水) 更新

建材メーカー営業の仕事内容とその魅力

建材と建材業界の現状

最初に、建材と建材業界についてみていきましょう。建材とは建築に使う資材のことです。建材業界では、安心・安全な建築をおこなうために、様々な建築資材を開発しています。建材には鉄筋構造用資材や断熱材など幅広い種類があり、日本にも多様な建材メーカーが存在しています。有名な大手企業としては、パナソニックやLIXILグループ、TOTO、YKKなどがあるでしょう。建材業界は平成18年ごろから伸び悩みをみせていました。新築住宅着工数の減少や原材料費の高騰が原因ですが、平成23年頃から住宅着工戸数は緩やかな回復を見せています。また、消費税増税に伴って、駆け込みでの購入が増えました。その影響で、各社の業績が増加したのです。

建材メーカーの営業の仕事内容

建材メーカーの営業の仕事内容は、一般的な営業と同じような仕事内容となっています。事務作業やメールチェックなどの基本業務の他に外回り業務をおこないます。特約店と呼ばれる代理店や、自社商品の施工業者、工務店、設計事務所等へ足を運び、自社商品のPRをおこなうのが主な業務です。飛び込みの営業をする場合もありますが、メーカーや会社名については知っている場合がほとんどですので、門前払いされることはあまりないでしょう。営業マンにとって飛び込み営業は新しい実績を作るために大切ですので、そういった営業先があることは嬉しいでしょう。営業マンにノルマは付き物ですので、いい成績を残すためには努力が必要になります。

建材メーカーの営業の魅力とは

建材や建材業界に関する情報や、営業の仕事内容については理解できましたね。では最後に、営業の魅力を紹介します!
営業職は外回りが多いので体力も精神力が必要な仕事です。ノルマもありますので、プレッシャーを感じるという人も多いでしょう。しかし、営業職という仕事の中で、達成感や楽しみを見出して働いている人も多いです。まず、営業職のやりがいとして、新規顧客の開拓があげられるでしょう。明確な目標を達成することで、喜びを実感することができます。また、営業職は自分で組んだスケジュールで仕事をすることができます。自分のペースで考えて行動するのが、営業職です。その日のスケジュール通りに一日を終えたとき、今日も頑張ったという充足感を覚えることができるでしょう。そして、営業職は直接顧客とやり取りをする仕事ですので、コミュニケーション能力が磨かれます。その他にも自社の商品をアピールするため、プレゼンテーション力やヒアリング力、交渉力を身につけることができます。

建材業界の業績は好調であり営業マンの仕事にはやりがいがある

『仕事が形として残る』というのは、いいですね。建材メーカーの営業は、達成感を自分の目で“見て”感じることのできる、魅力あるお仕事です。就職先として、建材メーカーの営業職を目指してみてはいかがでしょうか。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム