2018年02月13日(火) 更新

司書に転職を考えるなら知るべき求人状況と働く魅力

司書の現状

まずは司書の現状について知りましょう。司書に転職したいなら、司書の労働環境についての勉強はすべきことです。
司書は、どのような環境で働いているのでしょうか?

図書館で司書として働く場合

仕事内容には、カウンターでの接客業務があるので、コミュニケーション能力が必要とされます。司書の仕事はカウンターで座っているだけ、と思っている人もいますが、実際は大量の本を移動させたりするため、力仕事が多いのです。
図書館という職場は、本好きにとっては天国でしょう。自分の図書館を作れる、利用者の反応を直接感じられるなどのやりがいがあります。

図書館で司書として働くには、まず採用されることが非常に困難です。図書館司書の求人は非正規での募集がほとんどで、正規の求人は少ないのです。倍率はかなり高くなります。
さらに、図書館によって司書の質や職場環境には大きな差があります。

学校の図書館で司書として働く場合

学校の図書館で司書として働く場合、司書の同僚はいない場合が多いです。学校が図書館司書を何人も雇うことは、ほとんどありません。職場は先生や学校事務員ばかりで、仕事の話ができる人はいないのです。
学校図書館の司書の特徴は、大勢の生徒と関わることです。時に生徒に指導することもあります。ですが、司書は学校の先生ではないため、生徒に指導することに抵抗を感じるかもしれません。

司書の魅力

司書の現状の次は、司書の魅力についてご紹介します。転職するためには、現状だけでなく、司書の魅力についても勉強すべきことでしょう。
図書館で司書として働くことの魅力とは、何でしょうか?

魅力は自分の理想の図書館を作れること

司書の最大の魅力は、本に囲まれて仕事ができることでしょう。
司書とは本の専門職です。あらゆる書籍の収集、整理、保存、貸出を担当します。最近はパソコンによる検索システムが普及しているため、パソコン使用が必須です。パソコンの勉強もすべきことのようです。
学校の図書館など、司書が一人しかいない職場なら、自分一人の采配で図書館を作ることができます。先ほど「学校図書館の司書は、一人しかいないから辛い」と述べましたが、一人しかいないために、自分のやりたいようにできるというメリットもあります。
自分の理想の図書館を作れること、利用者に喜んでもらえることにやりがいを感じるはずです。

司書に向いていない人とは

最後に、司書に向いている人とはどんな人か説明します。
自分の希望と適性が一致するとは限りません。転職してから後悔する前に、一度、自身の適性について考えて、本当に転職するか決定すべきでしょう。

「頭でっかちタイプ」は司書に向いていない

司書に向いていないのは、「頭でっかちタイプ」です。図書館司書の仕事は「専門職」ではあり、知識が豊富でカウンターでの事務仕事がこなせればいい、という考えの人は、実際に図書館で働くときに苦労するでしょう。

図書館でのカウンター業務では、本に関する知識と同じくらいコミュニケーション能力が必要です。利用者の要望を聞き出すためには、高いコミュニケーション能力が欠かせません。
利用者の要望もかなり幅広いので、すべてに柔軟に対応する能力もなくてはなりません。
子どもからお年寄りまで、幅広い年齢層の利用者と関わるので、相手を思いやる心も求められます。

司書に転職する前には就職先が少ないことと適性を考えるべき!

司書に転職する前に考えるべきことについて説明してきました。図書館という職場は、本好きには魅力的な職場でしょう。さまざまなジャンルの本に携わることができ、自分の理想の図書館を作ることもできます。本好きにとっての理想の職業ともいえます。

しかし、本が好きだからという理由で安易に司書に転職することは、おすすめできません。司書に転職したいと思ったら、まず自分に適性があるか考えてください。さらに、正規職員としての採用枠が非常に少なく、かなりの高倍率であることを忘れないでください。就職先やその後の生活などをよく考える事も、司書への転職を考える前にすべきことです。

関連コラム