2016年12月19日(月) 更新

人気のある職業、雑誌記者の魅力について

雑誌記者として働く事の魅力

雑誌記者として働く魅力とはどういったものでしょうか?記者が扱うテーマは、雑誌によって異なります。雑誌ごとに経路も違うため、雑誌記者とひとくくりにはしにくいものですが、共通するのが締め切りがあるという点でしょう。雑誌記者は、担当雑誌の締め切り日に間に合わせるために、取材をして原稿をまとめます。締め切りに間に合わせるのは大変な作業ですが、その都度に達成感を味わえる仕事ともいえます。また、自分が書いた記事が世間の目に触れることは、大きな充足感も抱けるでしょう。こういった達成感・充足感を味わえる仕事だということが、どの雑誌記者にも共通した魅力といえます。

雑誌記者として働く事で得られるスキル

雑誌記者として働くことで得られるスキルとは、どういったものでしょうか?雑誌記者は、取材や執筆の他、編集をする場合もあります。担当テーマごとに、取材をおこなうため、調査力が養われるでしょう。また、記事を書く際の表現力や文章校正力も培われていきます。雑誌によって雰囲気も違うため、その雑誌にあった書き方も身についていくでしょう。

雑誌記者に向いている人

雑誌記者に向いているのはどういう人なのでしょうか?雑誌記者になるには、出版社や制作会社に入社するのが一般的です。そこで様々な雑誌部署に就きますが、いずれにしても取材は必須です。締め切りにも追われるため、体力はこの仕事に求められる必須の要件になるでしょう。また、広く動き回るため、フットワークも必要です。文章力があり、体力がある人が雑誌記者に向いているといえるでしょう。

まとめ

雑誌記者の仕事は、デスクに向うだけではありません。広い範囲で取材をし、それを記事にまとめ上げる仕事で、これらを締め切りまでにこなさなければならないのです。体力が求められる大変な仕事ではありますが、自分の仕上げた記事が世の中の人の目に触れるという充足感や達成感を味わえる魅力ある仕事といえるのです。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム