2017年07月04日(火) 更新

スーパー店員の魅力とは|知っておきたい仕事内容や身に付けられるスキル

スーパー=レジ打ち・パートのイメージを持つ就活生が多い

キャリアパーク会員の就活生を対象に「スーパー店員の仕事に対してどのようなイメージがありますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の声

  • 年収が安そう
  • 忙しそう
  • パートしかいなさそう
  • レジをする人
  • 年齢層が高い

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月6日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「スーパー店員の仕事に対してどのようなイメージがありますか?」

スーパーの仕事内容について就活生に質問したところ、「レジをする人」「パートしかいなさそう」「年齢層が高い」といった結果が出ました。スーパーの仕事=レジ打ち、パートのイメージを持つ人は多いのではないでしょうか?しかし、スーパーの仕事内容はレジだけではありません。本記事では、スーパーでの仕事内容や働くことで得られるスキルなどについて、ご紹介します。志望する人は、どんな職種や仕事内容があるのかを確認しておきましょう。

スーパーの仕事内容はレジ打ちのほかにもたくさんある

スーパーでは、たくさんの人がそれぞれの持ち場で働いています。主な仕事内容は、レジ打ちや品出し業務などです。ほかにも、総菜や鮮魚・精肉部門で調理や加工をする仕事もスーパーには欠かせません。スーパーに就職する場合は、どのような仕事内容で働きたいのかについてよく考えておくことが大切です。スーパーによっても特徴があるため、事前にどのような業務があるのかについて、見学しに行くのもおすすめです。

未経験者でも働きやすい

スーパーは未経験者でも歓迎されやすいため、積極的に採用募集に応募しやすいといえるでしょう。スーパーは身体を動かすことが多い仕事であるため、事務作業しか経験のない人にとっては大変になるかもしれません。しかし、働き続けることにより体力もついてくるため、次第に働きやすくなってくるでしょう。

スーパーで働くと接客スキルを磨くことができる

スーパーで働くと、接客スキルが身に付きます。レジ打ちは、スーパーのなかでも特にお客さんと接することが多い業務です。笑顔でお客さんと接することにより、気持ちのいい気分でスーパーを利用してもらうことができます。夕方はどうしてもレジが混んでしまいますが、そんなときだからこそテキパキと仕事をこなす姿が評価されるでしょう。品出し業務などでも、お客さんから商品の場所を尋ねられる場合があります。丁寧な言葉遣いで対応するなどの心配りは、スーパーのリピーターを増やす大切なポイントです。

他の職業にも活かすことができる

スーパーで接客スキルを磨いておくと、今後さまざまな職業に活かすことができます。販売業や営業など、コミュニケーション能力が求められる職業において武器になるでしょう。最初は接客が苦手と感じる場合でも、慣れてくると積極的に話しかけられるようになってきます。何気ない一言からでもいいので、気軽にお客さんに声を掛けてみることから始めてみましょう。

スーパーは未経験者でも働きやすく接客スキルが身に付けられることが魅力

スーパーの仕事内容や身に付けられるスキルについて、ご紹介しました。スーパーには、レジ打ちのほかにも、品出し業務や食品加工などの業務があります。働くことで接客スキルを身に付けられる職場であるため、積極的にお客さんとコミュニケーションをとることが大切です。スーパーで接客スキルを身に付けておくと、他の職業でも活かすことができます。スーパーで働く場合は、お客さんと関わりながら仕事をすることが大切なので、売上に貢献する意味でも心掛けるようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム