事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2016年12月13日(火) 更新

調べてみよう!マッサージ業界の将来性と今後の展望とは?

マッサージ業界の現状

マッサージ業界の現状とは、具体的にどのような感じなのでしょうか。マッサージ業界におけるリラクゼーション業の市場規模は、1990年以降から増加傾向にあったようです。しかし、2014年以降から推移は停滞し、マッサージの種類にもよりますが減少傾向にあります。この背景としては、店舗数の増加や、店舗増加に伴う身近な存在の定着により、低価格競争の激戦が増加していることにあるようです。一昔前は人気があったマッサージ業界ですが、人手不足や同業者である接骨・整骨院の増加なども減少傾向の原因のひとつといえるでしょう。

マッサージ業界の将来性

マッサージ業界は上記にも挙げたように、深刻な人手不足に悩まされているようです。基本給は低の傾向にあり、成果報酬制といったところもあるなど安定性に欠けているのが今のマッサージ業界なのです。そんなマッサージ業界で生き残るには、他の店舗とのサービスの差別化を図ることがポイントとなってくるでしょう。

まとめ

今だ人気のあるように見えるマッサージ業界ですが、市場規模の推移は店舗数の増加やスタッフの人手不足などを背景に減少傾向です。低価格競争も激しくなっているマッサージ業界ですが、サービスの差別化が今後生き残っているポイントとなってきそうですね。しっかり業界の現状や将来性を把握して、将来のことを考えていきましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム