2017年07月04日(火) 更新

半導体業界の現状と課題

就活生は半導体業界に「好景気への期待」や「難しさ」を持っている

キャリアパーク会員の就活生を対象に「半導体業界に対してどのようなイメージをお持ちですか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の回答

  • 時代の最先端の技術が詰まっていて、難しそう。
  • これから伸びていきそう
  • 今が最盛期
  • 理系で男の人が多い
  • 日本企業は押されている

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月6日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「半導体業界に対してどのようなイメージをお持ちですか?」

就活生は、半導体業界に対して非常に盛り上がりのあるイメージを持っているのがわかりました。「これから伸びていきそう」「今が最盛期」といった意見の他に、「時代の最先端の技術が詰まっていて、難しそう。」「理系で男の人が多い」といったイメージも強いようです。では、半導体業界の現状はどうなっているのか、こちらの記事でしっかりと確認していきましょう。

半導体業界は変動が激しい

半導体業界の現状は業界動向SEARCH.COMによると、業界規模は7兆2,106億円であり売上高純利益率は+5.5%になっています。変動が激しい半導体業界ですが、平成25年に入るとスマートフォン向け需要により業績が増加に転じました。

スマートフォンの普及により成長が期待される

近年の半導体業界をけん引しているのは、スマートフォン市場です。半導体業界が今後も成長を続けていくためには、スマートフォンの普及の増加がポイントになります。ここ数年で、スマートフォンの保有率は一気に高くなりました。ガラパゴス携帯からの乗り換えで、スマートフォンを持っている人の方が目立ちます。いまでは幅広い世代が所有しているスマートフォンの維持拡大が、半導体業界の成長のカギを握っていると言えるでしょう。

半導体業界の現状はスマートフォンの普及により好調でさらなる市場拡大が課題

いかがでしたか。半導体業界現状は、スマートフォンの普及により安定した状態を保っていると言えます。スマートフォン市場の成長により、半導体業界も潤いを取り戻しました。スマートフォンが今後も普及を続け、さらなる市場拡大をしていくことが今後の課題と言えます。半導体業界は、スマートフォンと共に成長を続けることが望まれます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム