事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2017年11月17日(金) 更新

ホテル業界が抱える2つのシビアな課題と将来性

ホテル業界の現状とは

まずは、ホテル業界の現状について考えていきたいと思います。
厳しい経済状況によって、旅客の懐具合は厳しくなっているのが現状です。その一方で、国内旅行への関心が高まっており、シニア世代の旅行客が増加しています。加えて外国人観光客も増え続けており、ホテル業界の需要は高まっているという現状でもあります。
より多くの旅行客を獲得するため、ホテル業界では厳しい競争が続いています。しかも、現状では、単に豪華で見栄えの良いホテルが人気という時代ではなくなっています。

宿泊客の倹約傾向が高いことが痛手になっている

ホテル業界はサービス業の頂点とも言われています。ホテル業界と一口に言っても、ビジネスホテルから高級ホテルまで存在し、顧客層や需要は多岐に渡ります。
現状のホテル業界は、全体としての売上は減少しています。景気に左右される業界のため、不景気で旅行や出張が減れば、売上は減ってしまうのです。旅行客が増え、需要が高まっているとはいえ、倹約傾向が高まっている中でホテル業界が成長するのは難しいのが現状です。

ホテル業界の抱えている課題

見栄えの良い、豪華なホテルが人気を集める時代ではなくなったのが現状です。それよりも、宿泊客のニーズに応え、きめ細やかなサービスを提供できるか、そのホテルにしかない魅力や雰囲気を提供できるかが、課題となっています。

ホテル業界の課題①:女性向けサービス

ホテル業界では、さまざまな取り組みが行われています。女性向けのサービスの特化が分かりやすい例でしょう。女性だけの旅行グループ、または女性の一人旅を快適にする環境作り、や癒される空間の演出のため、ホテル会社各社は工夫を凝らしてきました。女性向けのサービスは、引き続き今後の課題となるでしょう。
さらに、旅行客獲得や宣伝のためにインターネットを積極的に活用してきました。予約をネットで手軽に済ませるなど、旅行客が手軽にホテルを予約できるシステムを取り入れました。旅行がより身近なものになると思われます。

ホテル業界の課題②:外国人観光客のための国際感覚を身につける

旅行客のニーズに合わせるため、安価で美味しい食事やお風呂が楽しめる宿泊プランを追求しなければなりません。一方で外国人観光客、特に中国人観光客の増加に伴い、ホテルに日本の伝統文化をいかに取り入れ、日本を訪れた観光客を喜ばせるかが、今後の課題でしょう。

ホテル業界の今後の将来性

ホテル業界の今後の将来性はどうなっているのでしょうか。様々な見方もあるのでしょうが、それを調べ知る事で現状も未来も見えてくるでしょう。

業界全体としてこれまで以上の国際感覚と語学力が必須

ホテル業界の現状や課題を踏まえて、将来性について考えましょう。
今後のホテル業界は、国際感覚がますます必要となってくるでしょう。外資系ホテルが日本国内へ多数進出し、そのホテルならではの設備やサービス争いは激化する一方です。外国人観光客の増加により、ホテル業界は国際感覚を磨かざるを得ないところにいます。外資系ホテルだけでなく、シティーホテル、ビジネスホテル、旅館でもこれまで以上に語学力や国際感覚が必要となるでしょう。

不景気が続くならビジネスホテルが有利か

景気に左右されるホテル業界ですが、その中でも比較的景気の変動に耐性があるホテルとは、何でしょうか?
もっとも景気に左右されにくいのは、宿泊に特化したビジネスホテルと言われています。反対に、大きな影響を受けるのはシティーホテルだとされています。特に高級路線のシティーホテルは影響を受けやすいでしょう。影響を受けやすいだけでなく、見栄えが良く豪華なホテルに人気が集中しなくなりました。不景気のままでは、高級路線のシティーホテルに人気が集まるのは簡単ではないでしょう。

しかし、もしも景気が好転したなら、逆に高級路線のシティーホテルに人気が集まるでしょう。シティーホテルには、豪華なパーティー会場や結婚式場が併設されています。景気が好転すれば、宿泊客が増えるだけでなく豪華なパーティーや盛大な結婚式を行う人も増え、シティーホテルの業績は、一気に伸びるでしょう。

ホテル業界の現状は厳しく外国人観光客に対応できる国際感覚を身につけることが課題

ホテル業界の現状と今後の課題について考察しました。
ホテル業界は、景気に左右される業界です。不景気により業績は伸び悩んでいるところですが、外国人観光客に増加により、需要は高まっています。豪華で見栄えの良いホテルに人気が集中しなくなり、現状ではいかに宿泊客のニーズに対応するか、そのホテルにしかない個性を宣伝していくかが、重視されています。
増え続ける外国人観光客の人気を獲得するためにも、国際感覚と語学力をいかに身につけていくかが今後の課題でしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム