2019年08月01日(木) 更新

【精密機器メーカーへの就職ガイド】専門とする種類・市場・業界の現状や今後の課題・適正について解説

精密機器メーカーには技術力が必要と感じる就活生が多い

キャリアパーク会員の就活生を対象に「精密機器メーカーに対してどのようなイメージをお持ちですか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の声

  • 技術職。
  • 能力がないとできない
  • 技術力が勝負になりそう
  • 理系
  • 真面目な人が多い

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月6日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「精密機器メーカーに対してどのようなイメージをお持ちですか?」

就活生の多くは、精密機器メーカーに対して技術力が必要な職業というイメージを持っているとわかりました。「能力がないとできない」や「技術力が勝負になりそう」など、専門職としてのスキルが必要なイメージが強いようです。本記事では、そんな精密機器メーカーの現状や今後の課題についてご紹介していきます。

精密機器メーカーの種類

精密機器メーカーには、どのような種類があるのでしょうか。代表的なものとして、以下の3つがあります。

・医療機器メーカー
医者が治療のために使うすべてものを扱うメーカー

・光学機器メーカー
メガネなどのレンズ製品を取り扱うメーカー

・時計メーカー
腕時計などを取り扱うメーカー

医療機器メーカーの市場は世界的に増大している

国内の医療機器メーカーは、積極的に世界に進出しています。世界的に高齢化問題を抱えているため、医療施設を設けた先進国などでは医療機器の需要が多いです。医療施設の増加は今後も続くと見込まれているため、これからも成長が期待されています。

精密機器メーカーは好調な業界

精密機器メーカーは、好調な業界だと分かりました。今後は、東京オリンピックの開催国として注目を集めるなかで、日本の技術力もさらに注目を集めることになるでしょう。これから日本に訪れる海外旅行客の増加に伴い、日本製品の素晴らしさが浸透していくのです。

好調だからこそ業界内競争は避けられない

好調な精密機器メーカーだからこそ、避けられない業界内の競争があります。国内には、多くの精密機器メーカーが存在しています。「いかに自社ブランドの強みを打ち出せるのか」という、世界トップクラスの技術力を誇るからこその、独自のブランド力が重視されるでしょう。

精密機器メーカーへの就職は幅広い視野が大切

精密機器メーカーに就職する場合、ひとつの分野に絞りすぎないことが大切です。医療機器メーカーに光学機器メーカーが参入するというケースもあり、垣根を超えた事業がおこなわれる例もあります。さまざまな事業に興味を持ち、幅広い視野を持つことが就職先の選択肢を増やすと考えられるでしょう。

専門性に伴い求められるスキルも高い

精密機器メーカーではその専門性の高さに伴い、求められるスキルも高いです。技術力はもちろん、業界内競争に勝つためのアイデアなど、企業を支える人材としてさまざまなスキルが求められます。自分の思いが形になることに喜びを感じられる人ならば、これ以上ないやりがいを得られるでしょう。

精密機器メーカーの種類は3つ!今後は需要の増大が期待されている

精密機器メーカーについてご紹介してきました。精密機器メーカーは、これからも世界的に需要が増大すると期待されている業界です。世界に誇れる技術力とともに、その市場規模もさらに拡大していくでしょう。専門性に伴い求められるスキルが高いため、志望している就活生は、しっかりと自分を高めておいてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム