2017年11月30日(木) 更新

広告業界の市場規模と動向

広告業界は激務だが人気がある?

キャリアパーク会員の就活生を対象に「広告業界に対してどのようなイメージをお持ちですか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の声

  • 締め切りに追われて忙しい
  • 華やかであり、センスが問われる業界。
  • とても忙しい
  • 人気
  • 人気、入るが難しい

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月6日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「広告業界に対してどのようなイメージをお持ちですか?」

広告業界に対してどのようなイメージを持っていますか?というアンケートを就活生に対して実施したところ、「人気」「人気で入るのが難しい」「華やかであり、センスが問われる業界」というイメージがあるようです。中には、「とても忙しい」「締切に追われて忙しい」といった「激務」のイメージもあります。 そんな広告業界は、今後どのように展開していくのでしょうか。ここで見ていきましょう。

広告業界の動向にはインターネットの発展が関係している

業界動向SEARCH.COMによると、広告業界の動向は業界規模は6兆8,675億円です。このように広告業界の業績が好調である一因には、インターネット広告があります。今やインターネットは、新聞の次に大きな広告媒体です。

スマートフォンの普及によりインターネット派の人が増えている

これからも広告業界が成長を続けるためには、インターネット広告の市場規模が拡大を続ける必要があります。スマートフォンが普及した現代において、幅広い世代が目にするインターネットは重要な広告媒体です。インターネットをしていると、さまざまなところで広告を目にします。バナーなどはもちろんですが、近年では動画サイトで広告が流れることが当たり前になってきました。株式会社D2Cの調査によると、スマートフォン広告費は2016年で5,516億円に拡大しています。若者のテレビ離れが懸念されている近年、インターネットを活用した広告はさらに需要を拡大していくでしょう。

広告業界の動向を維持するにはインターネット広告を活用した市場規模の拡大が大切

広告業界の動向と市場規模についてご紹介してきました。広告業界の動向としては、インターネット広告の普及が特徴的です。これからも市場規模を拡大させるには、インターネット広告の活用がポイントになるといえるでしょう。スマートフォンの普及により、動画サイトの利用者は以前よりも大幅に増加しています。インターネットがより身近になってきたからこそ、テレビよりも工夫を凝らした広告が、消費者に受け入れられるチャンスは多いでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム