2017年07月11日(火) 更新

飲料メーカーの現状と動向

就活生が抱く飲料メーカーのイメージは「安定」「人気」「転勤が多そう」など

キャリアパーク会員の就活生を対象に「飲料メーカーに対してどのようなイメージをお持ちですか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の声

  • 転勤が多そう
  • 安定
  • 学生に人気で入社しにくい
  • 大手のイメージが大きい
  • 興味ない

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月6日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「飲料メーカーに対してどのようなイメージをお持ちですか?」

このアンケートの結果から、就活生が抱く飲料メーカーのイメージとして、「安定」「人気」「転勤が多そう」などがあることがわかりました。飲料メーカーはその需要から、就活生の間でも人気が高いようです。そんな飲料メーカーの現状と今後の動向について、本ページで見ていきましょう。

飲料メーカーは健康志向な消費者のニーズに寄せている

人が生きていくうえで必ず必要になる飲み物は、いつの時代もその需要がなくなることはなく、安定した市場を確保しています。しかし、実は飲み物には、競合が多いという業界背景があるのです。企業努力が売り上げに直結する飲料業界の中でも、近年好調な業績を残しているのは、”トクホ”や”低カロリー”などの健康志向飲料だといえるでしょう。
また、高級感の高いコーヒーなど味に注力した商品も、需要が高まってきています。これは不景気によりお店で楽しみにくいことと、家電の技術向上が相まった結果、家で楽しむ傾向に変化していることが理由としてあります。上記のような意識の変化は、今後も続くと考えられるでしょう。

今後よりグローバルな業界になっていく傾向にある

上記のようなニーズの高まりを考えると、飲料メーカーは商品の開発に注力すべきといえます。もはや、一昔のように美味しい飲料が売れるという時代は、なくなったと言えるでしょう。”食”に対する意識は年々高まってきており、この高齢化社会を進んでいく時代の流れに沿って、体の健康に対する向上傾向はどんどん進んでいくはずです。そのニーズにより早く気づき、利点を生かした商品化ができる企業が、この業界で残っていくのでしょう。

日本の企業が世界水準となることも十分にあり得る

健康志向の商品は国内にとどまらず、今では海外進出に意欲を出している企業が多いです。また、世界のビジネスマーケットの中で発展途上国を視野に入れている企業は、世界でも多いのです。そのため、日本の企業の質が世界水準になりえることも、十分に可能性を秘めているでしょう。今後国内の飲料メーカーが世界水準となることは、十分にあり得るのです。

飲料メーカーは消費者ニーズを反映しており今後はグローバル化が見込まれる

いかがでしょうか。飲料メーカーの市場規模と動向などをご紹介しました。業界の特色などを見ることで、業界分析や企業研究にも活かせられるのではないでしょうか。飲料業界を目指している就活生などに、本ページの内容を参考にしていただければ幸いです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム