事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2016年12月05日(月) 更新

印刷オペレーターの仕事内容と印刷会社で貰える平均給料

印刷オペレーターの仕事内容とは?

印刷オペレーターが働く場所は言うまでもなく印刷工場です。多くの人は、最初に印刷工場で印刷オペレーターとして働いて、経験を積んでいく中で、印刷工場の中でもキャリアアップをする事ができます。

あるいは大手の印刷会社に移って、より高いレベルの印刷オペレーターとして働いている人もいます。では、具体的な印刷オペレーターの仕事内容を見ていきましょう。

仕事内容:印刷機に関わるものを管理する仕事

印刷オペレーターが取り扱う印刷機は非常に大きく、危険が伴うものです。その為、印刷オペレーターが扱う印刷機は、基本的には二人以上で取り扱う印刷機がほとんどです。

紙、ローラー、インクなど、印刷機に関わるものを管理するのは全て印刷オペレーターの仕事内容です。色や濃度の調整などを行うのも印刷オペレーターの仕事ですから、繊細さも求められる仕事内容になります。

特に資格などは必要としませんが、最初は紙を積む事から仕事が始まり、印刷オペレーターとして一人前になるには3年ほどかかると言われています。印刷オペレーターの仕事内容は、最初はかなり重労働だという声も聞かれます。

印刷オペレーターの平均給料とは?

印刷会社で、印刷オペレーターとして就職を希望する場合、その平均給料がどれくらいになるのか気になりますよね?仕事内容に興味があっても、具体的な給料の金額が分からないと、志望しにくいものです。

将来の人生設計をする上では平均年収を知る必要があります。自分の家庭を持ちたいという人も、生涯でどれくらいの金額を稼げるのかを把握しておきましょう。

関東地方の平均給料は年収で450~550万円

独自の調査によると、印刷会社の印刷オペレーターの平均給料は年収で450~550万円です。月に換算すると約40万円ほどとなるでしょう。もちろん、この給料の金額は関東地方で働く人のデータです。そのため地方に行くと、印刷オペレーターの平均給料は下がるようです。

印刷オペレーターのキャリアアップの方法とは?

印刷オペレーターのキャリアアップにはどのような方法があり、どのようなことをすれば良いのでしょうか?

もちろん印刷オペレーターも専門職の部類に入りますので、経験を重ねるだけスキルは向上していきます。しかし、同じ印刷工場にいてはなかなかスキルアップをしていく事は難しいかもしれません。印刷オペレーターとしてのキャリアアップの方法はいくつかありますので、覚えておきましょう。

大手の印刷会社への転職を目指すのが一番の近道

印刷オペレーターのキャリアアップに欠かせないのが、まずは印刷業界そのものを知る事、つまりは業界研究をする事です。業界研究をしてみるとすぐに解りますが、印刷業界は凸版印刷と大日本印刷の2社で、業界のシェアの80%近くを占めています。この2社の売上は合計で3兆円にものぼります。印刷オペレーターとしてのキャリアアップを目指すのであれば、まずはこの2社に目をつけるべきでしょう。

とはいえ現在は電子書籍化が進む中で、印刷業界は何かと厳しい時代になると言われています。これから印刷オペレーターの仕事を目指す方は、頭に入れておいた方が良いかもしれません。

印刷オペレーターになるためには?

印刷オペレーターは重労働で覚える事も多く、なかなか休めず大変です。しかし、世の中に必要とされているのでやりがいもあり、重要なお仕事です。そんな印刷オペレーターになる為に必要なこととは一体何でしょうか?

資格は必要ない!しかし、PCスキルは必須

印刷オペレーターの仕事に就く為に、特別な資格はこれといって必要ありません。
しかし、ほとんどの印刷物は今はPCで送られてきたデータを元に印刷されます。であるならば、当然ながらPCスキルは必要になってきます。

その他の基本的な、マイクロソフトオフィススペシャリストなどの資格は、持っていれば有利になります。日商PC検定なども同様です。印刷オペレーターになるにあたって、持っておいて損はないでしょう。

印刷オペレーターに求められる能力:重労働に耐えられる体力

印刷オペレーターに必要な力としてまず挙げられるのは、重労働に耐えうる体力です。なぜなら、印刷オペレーターの労働環境に関してですが、決して楽ではないと言われているからです。

印刷工場は24時間休まずに稼働している場所もかなり多いので、当然勤務時間はシフト制で決まり、生活リズムはバラバラとなるでしょう。また、紙を運んだり、積んだりといった力仕事なども必要とします。

印刷オペレーターに求められる能力:限られた時間内で仕事を進める力

次に印刷オペレーターに必要とされる力としては、限られた時間内で仕事を進める力、時間管理能力と仕事効率化能力です。印刷物は時間との勝負でもありますから、限られた時間内で仕事を急ピッチで進めなければならない事も多々あります。

そんな環境であるにも関わらず、給料そのものはあまり高くない事でも知られています。印刷オペレーターの仕事に就きたいと考えているならば、その辺りの現状も理解しておきましょう。

印刷オペレーターの仕事内容は印刷機関連の管理!平均給料は関東の印刷会社だと高め

印刷オペレーターの仕事内容と、印刷会社で貰える平均給料をお教えしました。印刷オペレーターの仕事は専門職の中でも過酷な分野に入ると言われており、その労働条件も楽ではないようです。

小さな町工場の印刷オペレーターだった場合でも、キャリアアップを目指すならやはり大手の印刷会社を目指しましょう。業界そのものの行く末も予想した上で、慎重に就活を進めてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム