2017年01月16日(月) 更新

コンクリート技士試験の難易度と受験資格

コンクリート技士は築物に適した材料の配合・管理を行う

コンクリート技士とは、コンクリートの製造や建物の施工に携わる技術者のことです。各建築物に適応した正しい材料配合、その管理や検査などが求められます。コンクリート技士になるには、資格の取得が必要です。難易度は高いのでしょうか?

建築作業を行う現場では重要な存在

コンクリート技士は、ほぼ全ての建築現場や土木現場がその主な仕事場に当たります。各現場に最低1名以上のコンクリート技士を配置した上で、正しくコンクリートの製造や使用をしなくてはいけません。特にそれらを実際に用いて作られるコンクリート建造物に対して、適切な材料の指定や使用の指示も大切な役割です。このように、コンクリート技士は、建築作業を行う重要な存在ですが、試験の難易度は高いのでしょうか。

コンクリート技士の合格率は約30%前後であり難易度は高い

コンクリート技士は、社団法人日本古訓クリート工学協会が認定・運営を行っている民間資格です。毎年のコンクリート技士の合格率は約30%前後なので、難易度は高い方だと言えるでしょう。試験ではコンクリートの基礎知識から、その製造や管理、品質などに関する様々な知識が総合的に問われ、全体的に難易度の高さが際立っています。合格率を見ても難易度は高い方なので、しっかりと対策を行いましょう。

試験はコンクリートに関する知識が総合的に出題される

コンクリート技士試験では、コンクリートについての総合的な知識を問う問題構成となっているほか、建築や土木に関する関連法規への習熟度合いも出題されるので難易度は高いと言えます。このことから、試験対策となる出題範囲は多岐に渡り、全体に対して満遍なく知識を獲得しておく必要があるなど、仕事との両立で取得する場合には、特に難易度が高くなると言えるでしょう。難易度は高いので、しっかりと対策をしましょう。

コンクリート技士の受験資格は最低でも2年以上の実務経験

コンクリート技士の難易度が高い理由として、試験内容だけでなく受験資格もあると言えます。受験資格は、コンクリートの取り扱いに関する実務経験として3年以上、大学や短大など指定の教育機関においてコンクリート技術に関する専門科を履修した上で実務経験を2年以上積んでいるかが求められるのです。最低でも2年以上の実務経験が必要となるので、これも難易度が高い要因だと言えるでしょう。

合格すればキャリアアップを図る上でも役立つ

受験資格や試験の難易度が高いコンクリート技士ですが、資格を取得できれば、実際の土木作業現場においてコンクリートを取り扱う専門職としての活動が可能となります。また、コンクリート技士の上位資格に当たるコンクリート主任技士にも挑戦できるようになるでしょう。更にキャリアアップを図る上でも役立つので、将来性があると言えます。

コンクリート技士試験の難易度は高く受験資格を得るには最低2年以上の実務経験が必要

コンクリート技士試験の合格率は約30%前後であり、難易度は高い傾向があります。また、受験資格として3年以上の実務経験、学歴と2年以上の実務経験が設けられているのです。建築現場では重要な存在となるので、難易度が高いのも納得でしょう。まずは受験資格を得て、対策をしてから試験に臨んでください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム