2016年12月27日(火) 更新

挫折から立ち直るために必要な考え方と対処法

夢や目標がうまくいかなかったときに人は挫折を感じる

F88a8d9b4a0982b7

皆さんは、どんな夢や目標をもって過ごしていますか。ささやかなものから壮大なものまで人それぞれありますが、それが実現したときの喜びはとても大きく、達成感もひとしおでしょう。しかし一方で、思いがけないミスや都合によってその実現が遠のく可能性も考えられます。そんなときに感じるのが挫折感です。せっかくうまくいっていた取り組みがうまくいかなかったり、良かれと思って取り組んだ行為がむしろ逆効果だったりと挫折を経験する機会は意外と多いかもしれません。もし挫折してしまうと、何もかもやる気が起きなくなり、心の殻が閉じこもりがちになります。

挫折から立ち直るのはなるべく早いほうが良い

思いがけないことで挫折を経験した人は、上記にもある通りやる気が起こらなくなり、どうしても閉じこもりがちになってしまいます。このままグダグダと挫折に対して悩んでしまっていては、いつまで経っても次の行動に移すことができなくなり、他にも掲げていたであろう目標まで挫折する結果につながりかねません。そんなな形で挫折に関する負のスパイラルに陥ってしまってはせっかくの努力も水の泡となる可能性が考えられます。そのため、挫折したときはなるべく早く立ち直る必要があるのは間違いありません。

挫折から一日も早く立ち直るには?

挫折からなるべく早く立ち直るには、どのような方法を取るべきなのでしょうか? 効果的な気分転換の方法をお伝えします。ここでは4つ紹介しますが、どれかひとつでも取り組んでみてはいかがでしょうか。

挫折から立ち直る方法①:とにかく心を許せる人に会う

失恋や仕事のミスなどで、ドーンと落ち込み暗い気持ちになってしまったとき、つい人に会いたくなくて引きこもりがちになってしまう人も多いでしょう。しかし、挫折感を味わい続けるのは辛いもの、一日も早く立ち直るには、友達に甘えるのもひとつの方法です。

友達に限らず、家族でも恋人でも、親しい人に甘えてみましょう。ふさぎ込んでしまうよりは、心を許せる誰かに話を聞いてもらうだけでも、挫折から立ち直るキッカケになります。そして、誰かと一緒にいると不思議と辛い気持ちが薄らぐのです。

挫折から立ち直る方法②:イベントや勉強会に参加する

挫折を味わったとき、なぜ失敗したのかを考えることも必要なことですが、いつまでも悶々としていても、起きてしまったことはどうにもなりません。それならば心機一転、新しい勉強を始めたり、趣味のイベントに参加してみると、気分転換になり立ち直るキッカケにもなるでしょう。

そこで新たな友人を作ったり、世界を広げていくことで、より早く立ち直ることができるのではないでしょうか。

挫折から立ち直る方法③:趣味に没頭する

挫折から立ち直る方法としては、②と共通するところもありますが、趣味に没頭するのもひとつです。好きなテレビ番組をずっと見たり、運動したり、ドライブをしたりと皆さん一人ひとりが楽しんでいる趣味をあえてやりましょう。趣味に没頭していると、挫折によって悩んでいたことも小さなことに思え、ずっとくよくよしていちゃいられないと考えを改められます。

また、挫折による落ち込みが改善すれば、もし次に挫折しそうなことが起こっても、気を楽にして次にやるべきことについて考えを転換できるでしょう。

挫折から立ち直る方法④:周りの人たちも同じ経験をしているんだと考える

挫折したときは「もうだめだ、終わった」と落胆する気持ちが非常に強くなります。そのため、周りを見る余裕すらなくなってひたすら落ち込んでしまう人も少なくありません。しかし、そんな時こそ発想の転換をするのが大事になります。それは、自分の周りにいる家族や友人、同僚だってみんな1度は挫折を経験しているんだと考えることです。どんなに人生が順風満帆に見える人だって、何かしらの失敗や挫折を経験しています。落ち込み続けた時期もあるでしょう。それでも、新たな挑戦や目標を立てて過ごしたことで挫折から立ち直って、あなたと接しているのです。

自分1人だけが挫折したわけじゃないと意識できれば、自ずと立ち直るようになるでしょう。

挫折の苦しみが続く場合は思い切って悩み続けるのもひとつの方法

挫折したときの立ち直る方法について見てきましたが、中にはどうしても克服ができない人もいるでしょう。そんな方は、思い切ってとことん悩み続けてみましょう。はじめのうちは整理できずに落ち込んでばかりかもしれませんが、毎日のように悩み続けていると挫折に至った原因やどう対応すべきだったかなど冷静に見つめ直せる瞬間がやってきます。その時に感じたこと、そして挫折を乗り切るためにいまできることを考えながら行動すれば、少しずつではありますが次の目標や行動について見えてくるのではないでしょうか。

挫折から立ち直るには趣味に没頭したり思考をチェンジするなどしてみよう

挫折した時、その辛さをいつまでも味わいながら自分を責め続けるより、思考をプラスにチェンジして、新たな試みにチャレンジしてみませんか?なるべく早く立ち直るのが理想的ですが、そうはいかない時はとことん悩み続けましょう。そうすると、徐々にこれからのビジョンも見えてくるはずです。

そして、少しずつ元気が出てきたら、今まで手つかずだった勉強に挑戦したり、新たな出会いを求めて、どんどん外に出てみましょう。世界はあなたの知らないことだらけです。じっとしていたらチャンスが逃げてしまうかもしれませんから、ぜひ挫折から立ち直る一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

関連タグ

人気のコラム

ログイン / 新規会員登録

ID・パスワードを忘れた方はこちら

SNSでログイン

無料で簡単登録!

転職コラムデイリーランキング

ランキング一覧

おすすめの転職コラム

転職コラム一覧
エントリーシート対策