2016年11月25日(金) 更新

履歴書を封筒で郵送する際の宛名の書き方

履歴書の封筒の宛名は油性ペンで書く

履歴書を郵送する封筒の宛名の書き方でまず気をつけることは、雨などでぬれても文字がにじまないように油性ペンを使うことです。万年筆は水性インクなのでNGです。ボールペンは、文字が細くなりすぎてA4サイズの封筒にバランスよく文字を書けないので使わない方がよいです。封筒の宛名はまず、住所から書きます。右利きでインクがにじむのが心配な方は宛名(会社名)から書いてもかまいませんが、慣れていないとバランスをとるのが難しいかもしれません。インクがにじんだりこすれたりするのを防ぎたいときには、ゆっくり時間をかけて書くのがよいです。

応募書類を封筒に入れるのは宛名を書き終えた後!

封筒に履歴書などの応募書類を入れるのは、宛名を書き終わった後です。宛名を書く前に入れてしまうと、封筒を通して履歴書に宛名のインクがついてしまったり、筆圧が強い方だと履歴書にペン先の跡がついてしまうことがあるからです。

履歴書の封筒の丁や番地は縦書きなら漢数字を使う

住所の書き方は、まず都道府県から書きます。郵便番号は算用数字で書きます。丁や番地の数字は算用数字でも漢数字でもかまいませんが、縦書きのときには通常、漢数字を使います。

丁や番地を「1-2」のように省略せず「一丁目二番地」と書き方で!

丁や番地を省略した書き方をしてはいけません。たとえば、「一丁目二番地」を「1-2」のように書いてはならないのです。住所が一行でおさまらないとき、二行目の書き出しは一行目の書き出しよりも下げます。住所は長くとも二行以内におさめるように書きましょう。また、一行目の書き終わりよりも二行目の書き終わりが下になるような書き方ですと、全体のバランスが良くなります。二行目にうつるときには、書き終わりがどのくらいの位置になるのかを意識しながら、書き出す位置を決めるとよいです。

宛名の注意点は部署が「御中」個人名が「様」役職名が「殿」

宛名を書き方は、まず正式名称で書くように気を付けます。株式会社の場合、「(株)」という書き方は禁物です。きちんと「株式会社 ○○会社」という書き方をしましょう。宛先が部署の場合は、企業名を書いた次の行にその部署を書き、最後に「御中」をつけます。宛先が個人名のときには、最後に「様」をつけます。部長や係長のように、役職名のときには、最後に「殿」をつけます。

宛名の敬称は一つなので「様」と「御中」を使う際は注意!

敬称は一回しかつけません。たとえば、「株式会社 ○○会社 人事部鈴木」の場合、鈴木の後ろに様をつけるので、○○会社には御中はつけません。敬称のつけ方を間違ってしまうと、応募先に履歴書を見る前から「この子、常識がないなあ」と思われてしまうので、間違いのないように気をつけましょう。また、宛名は住所の文字よりも一回り大きく書きます。

履歴書を封筒で郵送する際の宛名は省略しない書き方を!

履歴書を封筒で郵送する際の宛名の書き方で注意したい点は、とにかく省略をしないことです。意識していないところで省略をしてしまう事があるので、書く前は企業のホームページなどで宛名を書くときは、正式な住所と企業名を確認します。封筒の宛名は達筆である必要はありませんが、一字一字丁寧に書いたことが相手に伝わるような文字で書きましょう。最後に誤字脱字がないかをチェックしてから、履歴書を封入します。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム