2016年11月29日(火) 更新

京セラを受ける就活生が知るべき業務内容と労働時間

京セラの労働環境について①:事業内容はセラミックスや半導体の製造・販売

ファインセラミックスから始まり、半導体部品や太陽光発電システムの開発・販売を京セラ。
就職を希望する場合、事業内容や労働時間などの労働環境についての理解が必要です。日本のものづくり企業として、社員が働きやすい社内風土が整備された京セラの企業情報から、まずは事業内容を確認しましょう。

市場競争力が高い事業展開で安定的な成長を続ける

京セラではファインセラミック部品、半導体部品、電子部品、切削工具、太陽光発電システム、宝飾品、セラミック日用品、通信機器などの製造・販売を主な事業内容としています。
市場競争力のある事業を多く展開し、変化の激しい時代の中でも安定的な成長を可能にしています。また、グループ企業内では原材料や部品、完成品、サービスなどの事業を複合的に展開しています。
もとは資金のない小さな町工場から出発した京セラですが、技術と仲間の絆をたよりに大企業に発展してきました。

京セラの労働環境について②:業務内容はコースにより異なる

京セラの事業内容の次は、業務内容を説明します。
業務内容は配属先の職種で異なりますが、【共通の夢に向かって果敢なチャレンジを続けられる人】 【素直な心、ひたむきさを持っている人 】【グローバルな視点を持っている人】といった資質や能力が必要とされます。職種別の主な業務内容は以下の通りです。

◆技術コースの業務内容
研究/開発設計/生産技術・製造技術/品質評価技術(信頼性評価・解析技術)/社内SE(情報システム・ネットワークエンジニア)/環境管理・生産設備管理/知的財産など

◆営業・管理コースの業務内容
海外営業/国内営業/マーケティング/経理・財務/購買/広報/人事・教育/総務など

技術コースに求められる資質は「チャレンジ精神」と「コミュニケーション能力」

京セラの技術者にとって求められる資質とは「チャレンジ精神」「創造性」「やる気」「粘り強さ」「グローバルな考え方」「人間性の高さ」です。京セラのチャレンジを続けてきた歴史の中で、多くの技術者が「人のやらないことをやる」という精神で業務内容に取り組んできました。
新しいものを創造するため、知識や技術だけではなく、論理的思考やコミュニケーション力も必要とされます。

営業・管理コースに求められる資質は「強い思いで周囲を引っ張る力」と「当たり前の感覚」

営業・管理コースの営業職では「強い思いで周囲を引っ張る力」が必要とされます。営業なら顧客と一番近い位置にいるため、要望をくみ取り研究開発部門などとの連携により、期待に応える製品を実現します。
管理部門は「当たり前の感覚」という資質が求められます。各事業のサポートによる積み重ねで達成感が得られ、視野を広げていくことができます。

京セラの労働環境について③:労働時間

次は気になる京セラの労働時間についてです。働く上で勤務時間の長さは歳を重ねても働き続けられるかに関わる大切な要素です。充実した福利厚生と休暇制度が整えられている京セラの労働時間を確認しましょう。
京セラの勤務時間は本社が8:45~17:30 (休憩60分) で、各工場が8:00~16:45 (休憩60分) です。1日の実働時間は実働7時間45分で、事業所、営業所、研究所、工場により異なります。

労働時間は月平均170時間ほど

月の労働時間は月平均170時間ほどです。これは京セラの勤務時間でと週休2日制から計算しています。上記の労働時間はあくまで独自計算によるものであり、職種や繁忙期によっては実際の企業の労働時間や残業時間とは異なる場合があります。

京セラの労働環境について④:残業時間を減らす取り組み

京セラの労働時間の次は、残業時間を見ていきましょう。働く上では残業時間の長さは非常に気になる情報です。
京セラは残業時間を減らす取り組みを行っており、同じ半導体・電子部品業界と比べても長くはありません。自分の担当する業務内容が達成できれば、すぐに帰宅できる雰囲気です。
個人の抱える業務内容や職種によって残業時間が異なるため、少ない人もいれば、多い人もいます。入社前に、自分が配属される職種がどのくらい残業しているのかについては、会社説明会やインターンシップなどで実際に社員の方に聞いてみるのもよいでしょう。

京セラの労働環境について⑤:働くやりがい

京セラは小さな町工場から大企業に成長しました。それを支えてきた原動力は技術向上への飽くなき探求心と、技術者同士の絆です。現代でもその社風は受け継がれ、社員たちはものづくりのために情熱を燃やしています。
2013年10月に京セラ音響デバイス・世界最薄の新製品である「ピエゾフィルムスピーカー(製品名:スマートソニックサンド)」が経済産業大臣賞を初受賞するなど、常に新しい分野への挑戦を続けるため、たいへんやりがいを感じられます。

半導体に強い京セラの業務内容はコースで別れるが求められる資質は同じ!労働時間を減らす取り組みも進んでいる

長い歴史を持ちながらも新しい分野へ挑戦を続ける京セラ。事業内容はファインセラミック部品、半導体部品の開発で、業務内容は技術コースと営業・管理コースで変わりますが、チャレンジ精神や素直さなど、求められる資質には共通点があります。
労働時間と残業時間は職種や個人の裁量にもよりますが、減らす取り組みが進んでいます。
京セラへの就職を考えるなら、同じ業界の企業の業務内容や労働時間についても調べ、対策を練って採用を勝ち取りましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム