2016年11月29日(火) 更新

受注のお礼メールで感謝を伝えるポイント【例文あり】

受注へのお礼メールは素早く丁寧に

記憶や気持ちは時間が経つほど薄れていくので受注のお礼メールは早く送る

新規案件を受注してそのお礼メールを送るなら「素早く丁寧に!」が鉄則です。
お礼メールは感謝の気持ちを伝えるものですので、新鮮さが大事です。記憶や気持ちは時間が経つほど薄れていくものですので、お礼メールもできるだけ限り早く送るのが重要なのです。

お礼メールのタイミングは受注したその日のうちか遅くとも翌日

受注に際してお礼メールを送るなら、当日か、遅くとも翌日中にはメールを送信するようにしましょう。
また、お世話になった相手の厚情に対して、率直に感謝する気持ちをストレートに自分の言葉で伝えるようにしましょう。

ただし、このような手軽なメールであっても、大切な取引先とのビジネスレターであることに変わりはありません。急ぐあまり先方に対し失礼がないよう、注意してください。

発注を受けたら、入金を待たずにまずはメールですぐに対応

営業活動の成果として、こうしたビジネスメールのやりとりは非常に重要です。
新規案件であっても既存顧客であってもお礼メールはタイミングが重要。相手から発注を受けたら、取引開始のお礼メールは入金を待たずにすぐにでも送るようにします。

受注に対してお礼メールを書くときのワンポイントアドバイス

「受注へのお礼メールは素早く丁寧に」といったポイントがわかったところで、次にお礼メールを書く際のアドバイスをしたいと思います。素早くかつ丁寧にというのはともすれば相反する言葉のような気もしますが、それを実現可能にするためのワンポイントアドバイスです。

あらかじめ受注お礼メールの定型文章を用意しておく

受注して、素早くかつ丁寧にお礼メールを送るためには、定形の文章を利用するのが一番です。
その際は、先方の印象に残るような、工夫が必要となります。また、同じ企業で受注するたびに同じ文章でお礼メールを送ってくると相手に気持ちが伝わりませんので、一部だけでもその都度変えるといった手を加えましょう。

受注お礼メールで例文の丸写しはNG!!自分の言葉を加える

受注のお礼メール例文を、自分で作ったとしても、例文集から持ってきたとしても、それをそのまま使うのは味気ないものです。
毎度毎度1からメールを作成するのは大変なので、せめてお礼内容を自分の言葉で1文加えると感謝の気持ちがより伝わりやすくなります。

受注に対するお礼メールの例文を紹介!

新規案件の受注に対するお礼メールでは、感謝の気持ちを伝えるほか、自社のアピールなどを加えて、強固な信頼関係を築く足がかりとなるような文章にするとより魅力的になります。
ここでは受注に対するお礼メールの例文を紹介していきますので、定型文章を作る際などに参考にしてくださいね。

受注に対するお礼メールの例文①

件名:〇〇業務受注のお礼

株式会社〇〇〇
〇〇部 〇〇 〇〇様

平素は大変お世話になっております。
株式会社△△の△△ △△でございます。

このたびは、貴社の〇〇業務につきまして
弊社とご契約をいただきましたこと、誠にありがとうございます。

弊社の〇〇における技術は、おかげ様で他社様からも高い評価をいただいておりますので、貴社におかれましてもきっとご満足していただけるような結果を出す所存でございます。

なお、今後貴社とのご連絡は、私、△△が担当いたしますのでよろしくお願い申し上げます。

ご要望、ご不明な点などがございましたらいつでもご連絡ください。
取り急ぎメールにてお礼申し上げます。

受注に対するお礼メールの例文②

件名:お取引のご快諾ありがとうございました

株式会社ΟΟΟО
ΟО ОΟ様

取り急ぎ、お礼のメールを差し上げます。
株式会社△△△の△△ △△です。

さて、この度は、新たに○○○をご発注いただきましたこと、厚くお礼申し上げます。
本件で弊社をご選定いただきましたことはたいへん光栄なことと感じております。
貴社のご高配に、弊社社長△△も、感謝しております。
このうえは、貴社のご期待に添えるよう全力で取り組む所存でありますので、お気付のことがありましたら、何なりとお申し付けいただきますようお願いいたします。

今後ともご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。
まずは、メールにて失礼ですが、心よりお礼申し上げます。

受注のお礼メールを送る際には定型文を用意して迅速かつ丁寧な対応を

いかがでしたでしょうか。受注に対するお礼メールを書くときのポイントと参考となる例文を紹介しました。
受注に対する感謝の気持ちを伝えるためには、お礼メールを素早く送る必要があります。ただし、早く送ることだけを考えるがあまり失礼なメールになってしまっては意味がありません。

そのために、事前に定型文を準備した上で臨めば迅速かつ丁寧な対応ができますよ。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム