2018年01月30日(火) 更新

同僚のお見舞いに行く時のマナーと手紙の書き方

同僚のお見舞金についてのマナー

もし同僚が入院してしまった際に、お見舞い金を持参するとしたら、どれくらいが相場になるのでしょうか?
職場の地位によっては5,000円や1万円ともいわれますが、上司なのか部下かによって大きく変わります。
ここでは、同僚のお見舞いの際に持っていくお見舞い金のマナーについて触れていきます。

相場は3000円!4や9が関係する金額は避けるのがマナー

同僚のお見舞い金における相場は、一般的に3,000円程度といわれています。
あまり大きすぎる金額で、相手に気を遣わせてもいけないので3000円程度が妥当なのでしょう。

また、日本のお見舞い文化では、特に4や9などの数字は死を連想させて不吉とされるので、避けるのがマナーです。
もし数人から集めたお見舞金の金額が、4や9に関連する数字になってしまう時には、中心となる方や目上の方が1,000円程度足して入院する同僚の元へ届けるよう調整しましょう。

同僚のお見舞いはご家族に確認した後にうかがうべき

いくら入院した同僚が心配とはいえ、それは職場の人間だけではありません。
むしろ同僚のご家族の方が、心労などの負担は大きいものです。お見舞いに行く際は、勝手に行かないという点を心がけましょう。必ずご家族に「お見舞いに行きたいのですが……」と打診して下さい。
大抵は丁重に断られるでしょうが、その時に大切なのはニュアンスを汲み取れるかどうかです。
「お忙しいのにわざわざ来ていただくのは申し訳ない」というような表現であれば、「ぜひお見舞いに行きたい」と伝えて問題ありません。
しかし、入院している同僚の状態によっては、本当に来てほしくないと考えている場合もあります。そういったニュアンスを、しっかりと汲み取ってから入院している同僚をお見舞いするのが大事です。

お見舞いの品物は本当に必要な物を持参する

もし、同僚のご家族から入院先へのお見舞いの許可がでたのであれば、お見舞いの金額以外にも品物に悩むかも知れません。
とはいえ、無難だからとお菓子などを持っていくのではなく、お見舞いをする同僚が本当に必要な物を持参するのが、気遣いというものです。
あなたが入院している同僚と親しければ本人に直接、何が必要か聞いてみるのが一番でしょう。もし本人に聞けない状況であれば、同僚のご家族に聞くようにするのがマナーです。

入院先への訪問が難しければ同僚へ手紙を出すと良い

入院している同僚をお見舞いたい気持ちはあるものの、例えば容態が重篤などの状況では、お見舞いがかえって迷惑になってしまいます。
そんな時は、職場か個人としてお見舞状を書き、励ましの言葉を贈るのが正しい対応方法です。そして、同僚のご家族にあててもしっかりとメッセージを添えて送るのが大切です。

同僚のお見舞いに訪問する際は家族に確認!!ダメな場合は手紙を書くと良い!!

ここでは、同僚のお見舞に対するマナーについて紹介してきました。
もし同僚が入院した際でも、すぐにお見舞いに行くのではなく相手の状況を考えて、必ずご家族に確認をしてから向かいましょう。お見舞金の金額は1人3,000円にするのがマナーです。高額すぎても同僚に気を遣わせますし、あまりに低すぎると失礼にあたります。
入院している同僚のお見舞い訪問ができない状態ならば、手紙をもってお見舞いに変えるのが正しい対応方法といえます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム