2017年07月19日(水) 更新

社会人として好印象な自己紹介方法と会話術

印象のいい社会人の自己紹介とは

社会人の自己紹介では相手の印象に残るためな簡潔明瞭なものが好まれます。
しかし、シンプルなだけに難しく、コミュニケーション能力が問われるポイントです。初対面の相手に対して、名前をはじめ自分の情報を相手に伝える場合、伝えるべきポイントがいくつかあります。

自己紹介の挨拶一つとっても、相手の印象は大きく変わるためしっかりとチェックしましょう。

自己紹介の長さや内容が状況に応じられる

入社後しばらくの間は、自己紹介をする機会が多くなるでしょう。
自己紹介をする場合は、「自己紹介をする相手の人数は何人か」「社外と社外、どちらの相手にする自己紹介なのか」といった状況の違いを考慮して、自己紹介の内容や長さを変えられるといい印象を与えます。

自己紹介の7つの要素を簡潔に話す

社会人の自己紹介は7つの要素に分けられます。

(1)氏名
(2)配属先
(3)専門分野や専攻
(4)出身地
(5)趣味・特技
(6)抱負
(7)締めの言葉
社外の相手なら担当する業務を自己紹介に盛り込みましょう。

新人社員の自己紹介例文

実際に自己紹介をする際には、自分の事を伝えるだけではなく、会社の理念や社長の言葉を織り込むと相手に印象に残りやすくなります。社会人になりたての初々しい自己紹介を見ていきましょう。

新人社員の自己紹介例文① 専門分野をさりげなくアピール

このたび、XX支社へ着任いたしましたXXでございます。出身はXXXXです。休日はXXXに勤しんでおります。
大学では、人間コミュニケーションについて学んでいました。学生時代に身に付けたコミュニケーション術を、営業現場でも活かしていきたいです。一日でも早く皆様のお役に立てるよう、努力してまいります。
業務に慣れるまでは、先輩方にご迷惑をおかけするかと思いますが、何卒よろしくお願いいたします。

新人社員の自己紹介例文② 好きな言葉や抱負をアピール

この度、縁がございまして、皆さんと一緒にお仕事させて頂くことになりました。
XXXXXです。好きな言葉は「XXXX」です。
この会社でXXXを目指します。色々とご迷惑をおかけするかと思いますが、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

社会人の会話は「受容」「共感」「傾聴」が重要

社会人の自己紹介を見てきました。最後は社会人の会話術です。会話で重要な要素は3つあります。
それは「受容」、「共感」、「傾聴」です。果たしてその3つはどういう意味があるのでしょうか。

社会人の会話での「共感」とはうなずきや驚き

会話の中に少なからず感情があります。
会話の内容が怒っているなら一緒に怒りましょう。驚く内容なら驚きましょう。ただうなづいていては意味がありません。相手と同じ感情をくみ取ることが共感です。文字の通り、共に感じるということです。

社会人の会話での「傾聴」とは相手を理解

相手に対する理解を深めることが傾聴です。言葉以外の行動に注意を向け、最後まで言葉を聞き、言葉の真意を考え、共感することが傾聴です。

社会人の会話での「受容」とは言葉を相手に返す

受容とはただ相手を受け止めるだけではありません。
確かに受け止めることは大事ですが、受容とは相手の言葉を受け止め、その言葉に対して自分の言葉を返すことが受容です。聞き上手だけでは受容とは呼べません。

社会人の自己紹介や会話は状況に応じて柔軟に内容を変えよう

社会人の自己紹介でいい印象を与えるための内容や会話術のコツを掴んで大きく飛躍しましょう。
社会人の自己紹介は自分を印象付けるチャンスです。今後の社会人人生のターニングポイントかもしれません。自己紹介は自己PR時間と思って、時間配分や内容に気を付けて挑んでください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム