2017年06月27日(火) 更新

「シュリンク」の意味と”かっこいい”ビジネス用語まとめ

シュリンクの意味とは?

ビジネス用語を使いこなせる社会人はかっこいいですよね。そして、ビジネス用語の中でも確立している「シュリンク」という言葉があります。果たしてシュリンクにはどういう意味があるのでしょうか。

シュリンクとは「縮小」の意味

シュリンクには「縮小」の意味があります。このシュリンクという言葉は、IT関係でのビジネス用語として特に浸透しています。元々ICチップの縮小化技術やデータ圧縮化などで「シュリンク」を使っていたためです。

「シュリンク」という言葉を使う場面は?

ところで、シュリンクというかっこいいビジネス用語の意味をせっかく知っていたとしても、使いこなせなければ意味がありませんよね。シュリンクというビジネス用語は一体どんな場面で使うものなのでしょうか?

市場が縮小するときに使う

ビジネス用語としての「シュリンク」という言葉は、本来持っているICチップの縮小ではなく、「市場」が縮小するときに使います。例えば、「市場のシュリンクが進み、目標販売額達成は苦戦が予想されます」などと使うと適切です。

シュリンクのようなかっこいいビジネス用語集

シュリンク以外にもかっこいいビジネス用語はあります。意味を理解して、どんどんかっこいいビジネス用語を使いましょう。それでは代表的なビジネス用語を見ていきましょう。

証拠を残すという意味の「エビデンス」

かっこいいビジネス用語の1つ目は「エビデンス」です。証拠、根拠という意味を持ちます。例えば「十分なエビデンスがなかった」と会議などで具体的根拠に欠ける意見を言う時に使うとかっこよく決まるでしょう。

同意を取るという意味の「コンセンサス」

かっこいいビジネス用語の2つ目は「コンセンサス」です。複数人による同意という意味を持ちます。具体例としては「コンセンサスを得てきてください」と使うと良いでしょう。

計画の枠組みという意味の「スキーム」

かっこいいビジネス用語の3つ目は「スキーム」です。「枠組みを伴った計画」という意味を持ちます。ビジネス用語の使用例としては「事業スキームの作成に」といった使い方をします。

計画や予定の意味の「アジェンダ」

かっこいいビジネス用語の5つ目は「アジェンダ」です。意味としては、「計画、予定表」のことを指します。議事日程や協議事項を指す場合もあります。色んな所で使えるビジネス用語です。

問題点や課題の意味の「イシュー」

かっこいいビジネス用語の6つ目は「イシュー」です。意味としては、「ビジネス上の論点、課題、問題」などを指します。特に重要なものを指す場合に使うことが多いです。

許容量という意味の「キャパ」

かっこいいビジネス用語の6つ目は「キャパ」です。意味としては許容量のことを言います。これは日常でもよく使う言葉ですね。ビジネスシーンでは、需要に合わせて必要なリソースを適宜、最適なコストで確保・供給する一連の活動を指すこともあります。

シュリンクの意味は市場の縮小!かっこいいビジネス用語をまとめて覚えよう

かっこいいビジネス用語「シュリンク」の意味は「市場の縮小」です。シュリンクという言葉だけではなく、世の中には実に多くのかっこいいビジネス用語が存在しています。中でも紹介したビジネス用語は特に使う場面が多く、かっこいい用語を厳選しています。一気に覚えて早速使いこなして、かっこいい社会人になりましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム