2016年12月07日(水) 更新

転職活動に有効|オススメの得する資格【職種別】

転職活動では資格を取得した方が得する

資格をしたから転職で必ず得をするとは限りません。転職活動においては、資格ではなく実務経験を重視されることがほとんどだからです。
ですが、資格はスキルや知識があると証明するもの。資格がなければ応募できない求人もとても多いですよね。実務経験がなくても資格があれば働ける仕事もありますので、やはり資格と取得しておいた方が得するでしょう。

志望するキャリア・職種に役立つ資格を取得しよう

転職活動で得する資格は、職種によって異なります。
例えばクリエイティブ職志望で簿記2級を所持していても、アピールのネタとしては使えません。(簿記の問題集を扱っている出版社で編集の仕事をする場合など、関連性があればアピールに使えますが。)

転職に有利な資格を取得したい場合には、自身の今後のキャリアと結びつくかどうか、転職後の職種の業務で活かせるかどうかを考えて取得しましょう。

なりたい職業別!転職で得する資格とは

転職活動で有利になる資格を、なりたい職業別にまとめました。参考にしてください。その職業の特徴を考えると、どのような資格が使えるのかが見えてきます。

営業職にオススメの資格は運転免許・TOEICテスト・中小企業診断士

営業職に転職したい人は、運転免許、TOEICテスト、中小企業診断士などの資格を取得しておくと良いでしょう。
都心以外で営業職に転職するなら、外回りのために「普通自動車免許」は必須。地方へ営業に行くときや地方に転勤になったときにも必要ですね。毎回タクシーで外回りをするわけにもいかないので、営業職なら最低限持っておくべき資格ですね。

資格ではありませんが、転職において有利になるので紹介します。TOEICテストで800点以上を獲得すると、ビジネスでは「英語ができる人」と高評価されます。海外への出張や赴任を任せられる人材を求めている企業は多いので、TOEICテストで高スコアを出せると有利になるでしょう。

中小企業診断士は経営コンサルタントとしての人気の国家資格。難易度は高いですが、社会的な認知度や信頼度は非常に高く、独立開業することも可能になります。

事務職へのオススメはパソコン関係(MOS)と日商簿記2級以上

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)などのパソコン関連の資格と日商簿記2級以上を持っていると有利です。事務は資格と実務経験を持つ女性が優遇される傾向があります。
他に秘書検定1級や漢字検定を取得しておくと、スキルアップにつながるのでオススメの資格です。

SEならソフトウェア開発技術者・情報処理技術者・アプリケーションエンジニアなど

基本情報技術者やソフトウェア開発技術者のような、SEの共通言語といえる基礎の基礎レベルの資格は必須。
アプリケーションエンジニアを次は目指しましょう。この資格は「高度区分の資格」といわれるものです。対象範囲は要件定義と外部設計などになります。

他にも、情報処理技術者やネットワークスペシャリストの資格がオススメです。情報システムの企画や開発、運用、保守に必要な能力を認定する資格です。
情報システムの調査や評価に関してはシステム監査技術者という資格や、セキュリティに関する分析や見直しを行う情報セキュリティスペシャリストという資格があります。

販売職へのオススメは流通業界唯一の公的資格「販売士」

販売士という資格はご存知でしょうか?販売士資格を持っている人は「販売のプロ」です。常に変化し続ける流通業界で生き残るために必須の資格であり、流通業界唯一の公的資格として社会的に高い信頼と評価を得ています。

また、アパレル業界において持っていると得する資格はファッション販売能力検定です。ファッション商品を販売するために必要な知識や技術はもちろん、店舗運営に関わる知識まで求められる資格です。

クリエイティブ職にはDTPエキスパート・色彩検定がオススメ

転職においては実務経験が重視されるのがクリエイティブ職。資格を持っていれば「どのような業務ができるか」という方向性は示せます。
出版やWeb業界への転職を目指すならDTPエキスパートと色彩検定がオススメです。カラーコーディネートの知識を活かしてデザインができるため、クオリティの高い作品に仕上げる能力があると判断されます。

Webデザインの分野においては、Webクリエイター能力認定試験という資格があると得をするでしょう。HTMLファイルのコーディング能力や基本的なデザイン能力を問う資格で、総合的な面からデザイナーとしての実力を問うWebデザイナー検定と比べ、クリエイターとしての技術力の確認に特化した資格です。

志望の職業に転職するために資格を取得して自分のキャリアをきずこう!

転職にオススメの得する資格を職業別に紹介しました。
転職するために資格を取得する前に、自分のキャリアプランについてよく考えてみましょう。そうすると、必要なスキルや知識が分かってくるはずです。キャリアプランを明確にし、そのために資格を取得するなどの努力した経験は、転職活動では効果的なアピールにもなります。転職とキャリアのため、資格を取得しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム